2019年 12月 11日 (水)

台風15号で被害の「落下梨」をビールに 横浜オクトーバーフェストで限定販売

印刷
スマモニの覆面調査のお仕事で高額謝礼を獲得!

   神奈川県厚木市のビール蔵「サンクトガーレン」は、2019年10月4日~20日の期間に横浜赤レンガ倉庫で開催されている「横浜オクトーバーフェスト」で「和梨のヴァイツェン」を限定発売する。

   今年9月9日に首都圏を直撃した台風15号で、収穫直前に落下した和梨を使用して製造したビールだ。

  • 和梨のヴァイツェン
    和梨のヴァイツェン

350キロのナシが3000杯のビールに変身

   使われた和梨は、神奈川県小田原市で栽培されていた「豊水」「幸水」「菊水」など合計350キログラムだ。

   取材に答えた同社の広報担当者によると、和梨をビールに使うのは初めてだったが、今までモモやリンゴ、オレンジなどのフルーツビールを作ってきた経験から、おいしくできると確信していた。「ヴァイツェン」は小麦麦芽を主原料としたフルーティーなビールで、ナシやモモに例えられる甘い香りがあるため、和梨との相性も良いと考えたそうだ。

   細切れやペースト、ジュースにしたナシをヴァイツェンに加え、ナシの甘さを感じるみずみずしいビールに仕上がったと担当者は話した。

   横浜オクトーバーフェストのサンクトレーガンブースで、中グラス(300ミリリットル)800円、大グラス(500ミリリットル)1100円で販売される。いずれも税込み。

   期間中を通じ、約3000杯の提供を見込んでいる。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!