2019年 10月 18日 (金)

パナソニックと京都「開化堂」コラボ 100台限定ワイヤレススピーカー

印刷
スマモニの覆面調査のお仕事で高額謝礼を獲得!

   パナソニックは、京都の手作り茶筒の老舗「開化堂」とコラボレーションしたワイヤレススピーカー「響筒(きょうづつ) SC-KKL01」を、2019年11月8日に開化堂で100台限定発売するのに先だち、10月5日から30台限定で先行予約の受付を始めた。

  • 手のひらに茶葉の香りが広がるように高音質が響きわたる
    手のひらに茶葉の香りが広がるように高音質が響きわたる

蓋を開けると音が立ち上がり、閉じると上品にフェードアウト

   2015年から実施している、パナソニックの家電デザイナーが京都の伝統工芸の継承者とともに日本の感性とモノづくりの原点を探り、未来の豊かな暮らしを実現する新たな家電を研究・共創するプロジェクト「Kyoto KADEN Lab.(京都家電ラボ)」初の商品化だ。

   高い密封性を生かす設計を採用した。蓋の開閉と音のオン・オフが連動。蓋を開けるとまるで茶葉の香りが広がるように音が立ち上がり、蓋を閉じる際は重力に従ってゆっくりと落ちて、音が上品にフェードアウトする。

   本モデルのためにつくったオリジナル音源を収録。電源を入れ、初めて蓋を開けた瞬間から音楽を楽しめるオルゴールのような機能を備える。「Bluetoothモード」に切り替えれば、対応機器とのワイヤレス再生も可能だ。AAC/SBCコーデック、A2DP/AVRCPプロファイルに対応する。

   独自開発のDSP(デジタル・シグナル・プロセッサー)を内蔵し、低音から高音まで広帯域において自然で優しく聴きやすい音を実現。低域を強化するバスレフポートに加え、上部のディフューザーが音の広がりを生み出す。

   外装の真鍮素材は滑らかな触感に加え、経年変化により、触れれば触れるほど色合いや光沢が増すという。また底面には本革を採用。風合いの変化も楽しめる。

   電源は容量750mAhバッテリーを内蔵。付属の充電台に置くだけの非接触給電方式を採用する。

   価格は30万円(税別)。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!