2019年 12月 14日 (土)

もう「まずい」とは言わせない カロリーメイト「ドリンク」リニューアル後の進化

印刷
糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   大塚製薬(東京都千代田区)の「カロリーメイト リキッド」は、1983年に発売された液体タイプの栄養補助食品だ。発売以来同じ味を保ち続けてきたが、その味がいまひとつだと評価する人も多かった。グーグルで「カロリーメイト ドリンク」と検索すると候補の一番上に「まずい」と率直な表現が出てくるほどだ。

   その商品が、2019年10月7日にリニューアルされた。J-CASTトレンドでは新製品と従来品の両方を入手し、飲み比べてみた。

  • 左がリニューアル後、右がリニューアル前のカロリーメイトリキッドカフェオレ味
    左がリニューアル後、右がリニューアル前のカロリーメイトリキッドカフェオレ味

新旧カフェオレ味を飲み比べ、ココが変わった

   「カロリーメイト リキッド」は、医療用の濃厚流動食「ハイネックス-R」を一般向けに改良したもの。栄養と味のバランスにこだわって開発され、1缶で200キロカロリーとビタミンやミネラル、たんぱく質、脂質、糖質を摂取できる。

   これまでは「カフェオレ味」「ココア味」「コーヒー味」「コーンスープ味」の4種類が販売されていたが、10月7日からはリニューアルした「カフェオレ味」、新フレーバーの「フルーツミックス味」「ヨーグルト味」の3種に替わっている。

   記者が入手したのは、リニューアル前後のカフェオレ味だ。早速グラスに注いでみると、まず液体の色が違う。従来品は「カフェオレ」からは程遠い白さだが、新製品は茶色みが増している。

   まず、従来品を飲んでみると、もったりとした口当たりの液体が口の中に広がる。舌触りはチョコレートドリンクを連想させるが、甘みは少なく、コーヒーの味はほとんどない。後味に多少のえぐみがあり、しばらく舌に残り続けた。

   次に新製品。リニューアル前と比べると、色もにおいもコーヒーの存在を感じられた。「もったり感」はそのままだが、しっかり甘く、コーヒーの風味も強くなり、後味はさっぱりしていた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!