2019年 10月 18日 (金)

日本初「スター・ウォーズ」公式スマートウォッチ ソニー

印刷
スマモニの覆面調査のお仕事で高額謝礼を獲得!

   ソニーは、スマートウォッチ「wena wrist(ウェナリスト)」シリーズと映画「スター・ウォーズ」シリーズがコラボレーションした、日本初だという公式スマートウォッチ「wena wrist pro Chronograph set(ウェナリスト・プロ・クロノグラフセット)/STAR WARS limited edition」を2019年10月19日に数量限定で発売する。それに先だち10月4日から先行予約受付を始めた。

  • ライトサイドとダークサイド、2つのカラー
    ライトサイドとダークサイド、2つのカラー

作品テーマ「光と闇」イメージした2モデル

   同シリーズ最大のテーマの1つとされる「光と闇」をコンセプトに、サーガ(歴史物語)の世界観を表現。劇中で「ハン・ソロ」が船長を務める宇宙船「ミレニアム・ファルコン」、「銀河帝国」の最終兵器「デス・スター」を、それぞれ「光と闇」の象徴としてデザインしたシルバーカラーの「"THE LIGHT SIDE" WNW-SB14A/S」、プレミアムブラックの「"THE DARK SIDE" WNW-SB14A/B」の2モデルを用意する。

   文字板にはそれぞれ「ミレニアム・ファルコン」と「デス・スター」の設計図をデザイン。各部位から伸びる線は裏蓋に続き、各名称を刻印。クロノグラフ秒針の先には「Xウイング」「インペリアル・スター・デストロイヤー」のモチーフをあしらい、時間とともにそれぞれの機体の周りを飛ぶようなデザインを採用する。

   クロノグラフのタキメーター機能は、劇中に登場する単位「PARSEC(パーセク)」で表記。またリュウズには「反乱軍」「帝国軍」の紋章を刻印する。

   バンドには「wena wrist pro」を採用し、電子マネーや通知、活動ログ機能を備える。電源オンにすると、「"THE LIGHT SIDE"」は「スター・ウォーズのテーマ」、「"THE DARK SIDE"」は「帝国のマーチ」のリズムを奏でる特別仕様となっている。

   市場想定価格は、「"THE LIGHT SIDE"」が7万円前後(税別)、「"THE DARK SIDE"」は7万3000円前後(同)。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!