2019年 12月 7日 (土)

本物の犬のように愛らしく動くロボットトイ

印刷
人気店や企業から非公開の招待状をもらおう!レポハピ会員登録

   バンダイナムコグループでゲームおよび玩具などを手がけるメガハウス(東京都台東区)は、犬型のロボットトイ「おいでよ ボンゴ!」を2019年10月中旬に発売する。

  • 胴が伸び縮み、飼い主の後ろを付いてくる
    胴が伸び縮み、飼い主の後ろを付いてくる"忠犬"

胴体がアコーディオンのように伸び縮み

   内蔵した2つのセンサーが飼い主の動きを探知。飼い主が歩いたり手を動かすと、その後ろを付いてくる「ツイテクル!」、付属のボールを追いかける「オイカケル!」、手をかざすと芸をする「トリック!」、付属のリモコンで操作する「アヤツレル!」、4つのモードで楽しめる。

   胴体がアコーディオンのように伸び縮みし、舌や耳、しっぽが可動するほか目が光る。「ワンワン」と吠えるタイミングや体の動きの組み合わせにより、本物の犬のように愛らしく動くという。

   電源は単4形乾電池×2本/単3形乾電池4本(別売)。

   価格は1万2800円(税別)。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!