2019年 12月 8日 (日)

■秋華賞「カス丸の競馬GⅠ大予想」   
   台風直撃、大混戦を断つのはこの馬だ!

印刷
糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!
trend_20191011140524.jpg

   カス丸 はーい、ぼくカス丸きゃすう。秋初戦のGI「スプリンターズ・ステークス」は◎△▲で3連単あてたじぇい。この調子でいくきゃすう。今週は3歳牝馬3冠の最後を飾る「秋華賞」(2019年10月13日、京都競馬場、芝2000メートル)だよ。台風が直撃するらしいから、カスヨ姉さん、荒れるきゃすう?

   カスヨ 最近、週末になると台風がくるのよね。どうなってるのかしら。ともかく京都もレース前日にそれなりに降るらしいから、当日晴れても重馬場か、よくて稍重は間違いないわね。まあ風雲急、不穏な感じってとこね。ただでさえ混戦気味なのに荒れたレースになるかもね。穴狙いのわたしとしては、ねらい目なんだけど。

trend_20191011140551.jpg

雨に強い馬は?

   カス丸 カスヨさんの本命◎はビーチサンバだよ。

   カスヨ まずは秋華賞といえば、前哨戦のローズステークス(GII、阪神、1800メートル)組がダントツの成績を残してるわ。過去10年で半分の5勝よ。でもローズSで1着になった馬でここを勝てたのはジェンティルドンナだけ。あとは2、4着馬が2頭ずつ勝っているのよ。ビーチは2着。しかも、クロフネの仔だからパワーがあって、雨が降って足がとられそうな馬場になっても大丈夫。それに前走から先行できるようになったのが強みね。秋華賞の舞台は、京都の内回りコースよ。外回りコースに比べると、最後の直線が短くて、300メートルちょっとしかないわ。だから後方から一気に抜き去るなんてムリ。先行している馬が有利ね。ビーチが前々で競馬ができるようになったのは、このレースに合っているわ。

   カス丸 強い馬が勝つんだという爺の本命は、クロノジェネシスだよ。そんなに強いきゃすう?

   ガジュマル爺 今年の秋華賞は、桜花賞馬(グランアレグリア)もオークス馬(ラヴズオンリーユー)も不在じゃ。去年の三冠馬アーモンドアイのような絶対的存在がそもそもいないわけじゃから、まあレベルが知れとるというもんじゃな。クロノジェネシスはそんななかにあって、デビュー以来6戦してすべて3着内、しかも半分がGIじゃ。キャリアからすれば、このメンツでは一番強いじゃろ。それに今回は距離がちょうどいいはずじゃ。1600メートルの桜花賞ではちょっと短かすぎる走りじゃったし、2400メートルのオークスでは長すぎる感じじゃったから、順当ならこの馬が勝つじゃろ。

   カスヨ わたしもクロノは対抗〇よ。ただ、5月のオークス以来のレースというのは心配ね。なぜ前哨戦を使わなかったのかしら?そこが不安なのよね。

   ガジュマル爺 去年のアーモンドアイもぶっつけ本番じゃ。最近は調教の仕方が進化しとるから、ひと昔前と違って前哨戦を叩いて本番という流れには必ずしもならんじゃろ。こういうパターンがこれから増えてくるはずじゃ。さっきも言うたように、今年のメンツなら勝てると踏んでもおかしくないわい。そんな程度のレベルじゃということじゃから、わしの対抗は上がり馬のブランノワールじゃ。桜花賞の前哨戦、チューリップ賞(GII、阪神、1600メートル)では6着と一とん挫したんじゃが、その後休んで夏に2連勝と力をつけてきておる。前走で1800メートルを使って勝利。距離的にも不安はないじゃろうし、稍重の馬場も経験済みで2戦2勝じゃ。

ダノンファンタジーの弱点とは

trend_20191011140619.jpg

   カス丸 ローズSを制したダノンファンタジーやオークス2着のカレンブーケドールはダメきゃすう?

   ガジュマル爺 わしの単穴▲はダノンじゃ。ローズSはレコード勝ち。あの走りをみれば、ここでも力がトップクラスということがわかるじゃろ。去年の2歳牝馬の女王を決める阪神ジュベナイルフィリーズ(GI、阪神、1600メートル)では一番後ろのほうから他馬をごぼう抜きで勝ったんじゃが、今年のクラシック2冠(桜花賞、オークス)では、強いライバルがいたせいか、中団より前でレースを進めたんじゃが、いずれも最後の瞬発力勝負で負けてしもうた。そこで前走のローズSでは、中団後方に待機して、上がり3ハロン(ゴール前600メートル)を最速で走りレコード勝ちじゃ。つまり本来、この馬の強さは後方から速い上がりを使う戦法なんじゃ。ところが、秋華賞コースはカスヨが言ったように最後の直線が短い。後ろから行っても届かない危険があるんじゃ。それと、レコードで走った後の反動があるかもしれんから、今回は鉄壁というわけではないんじゃな。カレンブーケドールは押さえじゃ。前哨戦の紫苑ステークスでは3着と案外だったんじゃが、先行できて粘っこいから押さえねばならんじゃろ。

   カス丸 ふーん、それぞれ事情があるじぇい。いろいろ考えなくちゃいけないきゃす...

   カスヨ わたしの単穴▲はコントラチェックよ。今度のレースはきっとこの馬が逃げるわよ。全体のペースを握るのはコントラなのよ。今の京都競馬場は前残りが多いし、それに雨が降れば、逃げ馬が粘りに粘ってというシーンもあるわね。それとここ2、3年は前哨戦の紫苑Sを使った馬が活躍してるんだけど、今年このレースを勝ったのがパッシングスルーよ。先行できるし、押さえておかないとね。最後は、ローズSで4着だったシゲルピンクダイヤも要注意よ。秋華賞は差し馬が多く勝っているんだけど、シゲルは差し馬の代表格ね。雨で馬場がぬかるんで、本来の差し足が鈍る危険はあるんだけど、無視はできないわ。

   ガジュマル爺 わしの押さえはエスポワールじゃ。この馬こそクラシック戦線を走ってきた馬たちとは初対戦になる上がり馬じゃ。しかも雨の日が得意じゃから可能性十分。オルフェーブル産駒というのも不気味なところじゃな。それにもう一頭も上がり馬。サトノダムゼルじゃ。こちらはデビュー3連勝。うち重馬場が2回と雨なら可能性はあるわい。

   カス丸 うーむ、混戦かもしれないけど、こういう時は実力ナンバーワンのダノンファンタジーが本命だじぇい。GI連勝するきゃすう。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!