2020年 1月 23日 (木)

年下男子とのデート「割り勘」にモヤモヤ? 「仕方ない」「いいところ見せて」複雑な女心

印刷
富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

    「年下の異性とのデートは割り勘が普通?」。女性向けウェブ掲示板「ガールズちゃんねる」に2019年10月17日、こんなトピックが立った。投稿主が言うには、「3歳下の男性にデートに誘われるようになったが、食事はもちろん某テーマパークやイベントに行ったりしたときのチケット代も割り勘」。最初に誘われた時は相手に少し興味があったが、友達と遊んでいるような感覚になり、冷めてきてしまったそう。

「お金を出すことが不満というより、デートに誘うのであれば少しは格好つけて欲しいという気持ちです。年下にそれを求めたらダメでしょうか...」
  • 年下の異性とのデートは割り勘が普通?
    年下の異性とのデートは割り勘が普通?

「格好もつけられない男に時間割いていられない」

    「恋人ではない、年下のデート相手との割り勘」問題について、ユーザーからはさまざまな意見が寄せられた。まず「普通・仕方ない」派からは、「年下に求めちゃだめでしょう」、「割り勘てか、自分の分は払うってこと?それ普通じゃない?」、「付き合ってないなら、割り勘でも仕方ないかなー。歳下君ならなおさらかなー」など、投稿者をたしなめるような書き込みが相次いでいる。一方の「年下でも割り勘は無理」派の声は以下の通りだ。

「年齢関係なく、あっちが先に誘うなら完全な割り勘なんて正直無理。格好もつけられない男に時間割いていられない」
「きっちり割り勘は年下でも私はイヤ」
「まー私でも、それは冷めてくる仕方ないよ。世間が『割り勘当たり前!』という風潮でも年下だろうがお金無かろうが頑張ってカッコつけようとする姿を見せる男の子がいるからどうしても比べてしまう」

    そのほか、「社会人なら、相手が少し多目にだしてくれてもいいかな」、「学生なら奢るかも」など、相手の立場によって判断が分かれるとコメントするユーザーも複数いた。

「『ごちそうして』と言わないだけいい」

   J-CASTトレンドは、20~50代の女性15人に「恋人ではない年下男性に何度もデートに誘われ、毎回割り勘だった場合どう感じるか」を尋ねた。結果、「嫌」は5人、「嫌じゃない」は10人。それぞれ理由を聞いた。

・嫌
「好意をもって誘ってくれるのであれば、いいところを見せてほしい」
「多少の見栄を張る余裕もないのかとがっかりしてしまう」
「学生だったら仕方ないが、社会人なら年下であっても少し多めに出すくらいの気持ちでいてほしい」
・嫌じゃない
「『ごちそうして』と言わないだけいい」
「既婚者だが、割り勘以外の経験がないので何とも思わない」
「友達関係なのだから対等だと思えば、むしろ割り勘が普通」
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!