2019年 11月 13日 (水)

IoTプラットフォーム「Riiiver」と連携するスマートウオッチ

印刷
富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   シチズン時計は、スマートウオッチ「Eco-Drive Riiiver(エコ・ドライブ リィイバー)」を2019年10月下旬に発売する。

  • 様々なIoT機器やサービスとつながる「ハブ」に
    様々なIoT機器やサービスとつながる「ハブ」に

様々なデバイスやサービスと連携可能

   「様々なデバイスを基点にヒト・モノ・コトを有機的に結びつける」というIoT(モノのインターネット)プラットフォーム「Riiiver」に対応。

   Bluetoothでスマートフォン(スマホ)とワイヤレス接続が可能。ボタンを押すだけで配車サービスの利用や、近くにあるカフェの方角を時計の針が示したり、スマートスピーカーなどのIoT機器が操作できるなど、好みに応じて様々なデバイスやサービスとの連携が可能になる。

   またスマホ向け「Eco-Drive Riiiver」アプリを利用すれば、時計の機能設定やデバイス・サービスとの連携設定などのほか、誰でも簡単に機能自体を作って共有できる。

   定期的な電池交換が不要な「光発電エコ・ドライブ」を搭載。ワイドなダイヤル上に視認性の高いカラーリングと形状の針を採用し、時刻に加え各種データの読み取りやすさも意識したデザインだという。

   価格は4万5000円(税別)。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!