2019年 11月 20日 (水)

4K衛星放送の録画対応モデルも シャープのブルーレイディスクレコーダー3種

印刷
人気店や企業から非公開の招待状をもらおう!レポハピ会員登録

   シャープは、4K衛星放送の録画に対応したブルーレイディスク(BD)レコーダー「AQUOS 4Kレコーダー 4B-C40BT3」など3モデルを2019年10月24日に発売する。

  • 既存コンテンツも4K級に画質を向上して楽しめる
    既存コンテンツも4K級に画質を向上して楽しめる

2Kコンテンツを4K放送級にアップコンバート

   「解像度」や「ダイナミックレンジ」など画質を決定する5つの要素を向上させることで、地上デジタル放送やBDなどの2Kコンテンツも4K放送級の美しさで楽しめる「5upコンバーター」を備えた「4Kマスターエンジン BD-Premium」を搭載。

   地上/BS/110度CSチューナー3基に加えBS4K/CS4Kチューナーを2基内蔵し、4K放送2番組の同時録画が可能だ。「Ultra HD BD」の再生に対応する。

   iOS/Android向け無料アプリ「AQUOS 写真&動画転送」をインストールしたスマートフォン(スマホ)で撮影した写真や4K動画をWi-Fi転送で手軽に取り込める「スマホ写真・動画まるごとストレージ」機能を搭載する。

   HDD(ハード・ディスク・ドライブ)やBDドライブが劣化していないかを確認できる「HDD/BDドライブ健康診断」機能を備え、故障前に大切な録画番組やデータのバックアップなどの備えができる。

   ラインアップは、HDD容量4TBモデル「4B-C40BT3」、同2TBモデル「4B-C20BT3」、同1TBモデル「4B-C10BT3」。

   いずれも価格はオープン。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!