2019年 11月 15日 (金)

タップ操作による速度変化 「GoPro HERO8 Black」など2モデル

印刷
人気店や企業から非公開の招待状をもらおう!レポハピ会員登録

   米GoPro(ゴープロ)は、アクションカメラ「GoPro HERO8 Black」「GoPro MAX」2モデルを2019年10月25日に発売する。

  • 撮影シーンに応じて選べる2モデルを用意
    撮影シーンに応じて選べる2モデルを用意

3つのカメラを1台にしたような「GoPro MAX」

   折り畳み式のマウントフィンガーを内蔵したフレームレスデザインなどを採用し、さらなる軽量化を図った。

   前バージョンから性能が向上したという、全ての解像度とフレームレートで使用できるビデオ安定化機能「HyperSmooth 2.0」を搭載。スマートフォンアプリ内で操作できる水平維持機構「ホライゾンレベリング」などを備える。

   自動でレートを調整する機能や、タップ操作による速度変化などが楽しめる「TimeWarp 2.0」を新搭載。簡単に画角が選択できる4つのデジタルレンズ、ウィンドノイズ低減を強化したオーディオ機能を備える。

   また、オーディオを強化できる「メディアモジュラー」、ユーザー側に向けられる「ディスプレイモジュラー」、強力な「ライトモジュラー」といった別売アクセサリーも投入予定だという。

   価格は5万5880円(税込)。

   デュアルレンズを搭載した「GoPro MAX」は、防水シングルレンズカメラ、360度カメラ、ユーザー側に向けられるディスプレーとショットガンマイクを備えたVlogカメラ、3つのカメラを1台にしたような性能を備えるという。

   ビデオ安定化機能「Max HyperSmooth」に加え、360度映像を通常のビデオ映像に素早く切り替えられる「リフレーム」などの機能を搭載する。

   価格は6万7100円(同)。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!