2019年 11月 15日 (金)

日本勢ベスト16入りと健闘 チーズの国際コンペ「World Cheese Awards 2019」

印刷
スマモニの覆面調査のお仕事で高額謝礼を獲得!

   世界のチーズが集まる国際コンペティション「World Cheese Awards(ワールド・チーズ・アワード)2019」が2019年10月18日、イタリアの都市ベルガモで開催された。

   日本からは18工房30品のチーズが出品され、栃木県の「チーズ工房那須の森」が作る「森のチーズ」がベスト16に選出されるなど健闘した。

  • 世界各国のチーズが集結した「World Cheese Awards 2019」
    世界各国のチーズが集結した「World Cheese Awards 2019」
  • 日本勢唯一のベスト16に選ばれた「森のチーズ」
    日本勢唯一のベスト16に選ばれた「森のチーズ」
  • 日本から出品したチーズ
    日本から出品したチーズ

「クリーミーで後味が持続」と高評価の「森のチーズ」

   「World Cheese Awards」は世界各国から多種多様なチーズが集まる「チーズのコンペティション」だ。32回目となる今回は、世界42か国から3804品のチーズが集結し、過去最大規模での開催となった。

   出品されたチーズは約260人の審査員によりブロンズラベル、シルバーラベル、ゴールドラベル、スーパーゴールドの順に格付けされる。最終審査では16人の特別審査員によりスーパーゴールドのチーズから上位16品が選出され、その中から最も優秀な「チャンピオンチーズ」が決定する。

   日本勢は12工房14品のチーズがブロンズラベル以上の「入賞」を果たした。中でもチーズ工房那須の森」の「森のチーズ」は、日本勢で唯一スーパーゴールドに選ばれ、全体の「ベスト16」にも勝ち上がった。「森のチーズ」はうま味があり、バランスがとれたセミハードタイプのチーズで、コンペでは「クリーミーで後味が持続する」と高く評価された。

   プレゼンテーション形式の最終審査では惜しくもチャンピオンを逃したが、チーズ工房那須の森の代表を務める落合一彦さんは「まさかベスト16に選ばれるとは思わなかった。本当に信じられない」と高評価に驚いていた。

   チャンピオンは米国のオーガニックブルーチーズ「ログ・リバーブルー」だった。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!