2019年 11月 15日 (金)

「マーガリンの日」に調べてみた 「バターとの違いは」「誕生の経緯は」

印刷
富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   10月24日は日本マーガリン工業会が定めた「マーガリンの日」だ。同会のウェブサイトによると、マーガリンの生みの親であるフランス人、メージュ・ムーリエ・イポリットの誕生日に由来する。そのためツイッターに「マーガリン」に関する投稿が多く見られるが、中でもこんなツイートが記者の目に留まった。

「マーガリン、バター...違いがわからない」
  • マーガリンとバター、違いは何?
    マーガリンとバター、違いは何?

バターは乳製品、ではマーガリンは?

   マーガリンとバターの差がわからないという投稿は、ツイッターをさかのぼると複数見つかる。「バターとマーガリンの違いがよくわからない あってもいいし、なくてもいいんじゃない?」、「正直この年になってもバターとマーガリンの違いがわからない」--こんな具合だ。

   一言で言えば、違いは「原料」だ。日本マーガリン工業会のウェブサイトには、マーガリンの主原料は「植物性・動物性の油脂」だとあり、「精製した油脂に粉乳や発酵乳・食塩・ビタミン類などを加えて乳化し、練り合わせた加工食品」と説明されている。対してバターは牛乳が原料の「乳製品」。また形状も、マーガリンが「やわらかく、なめらか」でパンに塗ったり、練り込んだりしやすいのに対し、バターは「固めの質感で形状を保ちやすい」。

   日本乳業協会のウェブサイトには、見た目こそよく似ているものの、やはり原料をはじめ「製造方法、成分、風味などが大きく違っている」とある。原料や風味については以下のように解説している。

「バターは乳脂肪分80.0%以上(乳及び乳製品の成分規格等に関する省令)、マーガリンは油脂含有率80.0%以上(日本農林規格)と定められています。マーガリン類では、低エネルギーのものが好まれるので、油脂含有率が80%未満のファットスプレッドが主流です」
「優れた風味のバターは料理やお菓子作りに欠かせませんし、マーガリン類にはあっさりとした味わいがあります」

ナポレオン3世がかかわっていた!?

   マーガリンはもともと、1869年に仏皇帝ナポレオン3世が当時不足していたバターの代替品を募集した結果、採用された案(日本マーガリン工業会ウェブサイトより)。当初は、上質な牛脂に牛乳などを加えて冷やし固め、バターに似せて作り出していた。

   このように代替品として誕生した経緯があるが、最近ではそれぞれの長所を掛け合わせ、バターを加えたマーガリンなども販売されているという。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!