2019年 11月 20日 (水)

イニエスタ「菊正宗酒造アンバサダー」に 法被姿で澤穂希とサッカー「W杯優勝」談義

印刷
糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   サッカーJ1ヴィッセル神戸でプレーする元スペイン代表MF、アンドレス・イニエスタ選手が、創業360周年を迎える菊正宗酒造(兵庫県神戸市)のアンバサダーに就任した。2019年10月28日にオンエアを開始した、パック酒「しぼりたてギンパック」の新CMほか同社公式ウェブサイト内の特設ページで見られる動画に出演している。

   イニエスタ選手は神戸市の相楽園で10月28日に行われた「菊正宗創業360周年」記者発表会に登場。特別ゲストとして招かれた、元サッカー女子日本代表の澤穂希さんとサッカーや地元・神戸にまつわるテーマで対談した。

  • (左から)ヴィッセル神戸のアンドレス・イニエスタ選手、元サッカー女子日本代表の澤穂希さん
    (左から)ヴィッセル神戸のアンドレス・イニエスタ選手、元サッカー女子日本代表の澤穂希さん
  • 菊正宗酒造の嘉納治郎右衞門代表取締役社長に法被を着せてもらうイニエスタ選手
    菊正宗酒造の嘉納治郎右衞門代表取締役社長に法被を着せてもらうイニエスタ選手
  • イニエスタ選手
    イニエスタ選手
  • サッカー界のレジェンド2人によるトークセッション
    サッカー界のレジェンド2人によるトークセッション
  • イニエスタ選手からの質問に答える澤さん
    イニエスタ選手からの質問に答える澤さん
  • (左から)嘉納社長とイニエスタ選手
    (左から)嘉納社長とイニエスタ選手
  • 菊正宗酒造の商品ラインナップ
    菊正宗酒造の商品ラインナップ

法被を着て「こっちも悪くないね」

   発表会では、菊正宗の法被に袖を通したイニエスタ選手が「ギンパック」を飲んで「キニイッタ」と笑顔を見せる「イニエスタ、ノミマシタ」編と、同社代表取締役社長・嘉納治郎右衞門氏とイニエスタ選手がギンパックを酌み交わす「嘉納治郎右衞門社長対談」編の新CM2種が披露された。CM放映後に登場し、嘉納社長から法被を着せてもらったイニエスタ選手は司会から「似合っていますね」と話を振られると、

「サッカーのユニホームの方が着慣れてるけど、こっちも悪くないね」

とにっこり。「菊正宗ファミリーの一員になれて、とても嬉しい。日本人ではない自分が、日本を代表する、伝統的な酒造会社のアンバサダーになれたのは素晴らしいこと」と喜びを表した。

   イニエスタ選手は2010年のサッカーワールドカップ(W杯)、澤さんは2011年女子W杯の優勝にそれぞれ貢献しており、W杯決勝でゴールを決めた共通点がある。発表会終盤のトークセッションで、イニエスタ選手が澤さんに、11年W杯決勝でゴールを決めた時の気持ちについて質問すると、

「本当に夢のような瞬間だった。みなさんのパワーが自分にわっと来てくれて、そのおかげでとれたゴール。『日本の女子サッカーの歴史が変わる』という感覚がありました」

と回答。イニエスタ選手も自身の経験を踏まえて「感じたことは似ていると思う」と共感を示し、「一国の期待を背負い、長年夢見てきたタイトル獲得に貢献できた。歴史に残るという意味でも、素晴らしい瞬間だったと思う」と話した。

   また、澤さんから「困難にぶつかった時の乗り越え方」を聞かれたイニエスタ選手は、「自分の持っている可能性、これまで積み重ねてきた努力など、自分を信じて進むことが大切」と語った。「困難にぶつかった時にどんな言葉を使うか」と質問を返された澤さんも「私も自分にポジティブな言葉を使っている。『澤穂希は絶対できる!』とか」と拳を握りながら答えていた。

   菊正宗酒造は今年、創業360周年と共に会社設立100年という節目を迎える。新たに「灘から世界へ。」というコーポレートスローガンを掲げ、地元の灘から世界へと日本酒の魅力を発信するとともに、美容や健康分野への取り組みにも力を注いでいくという。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!