2019年 11月 18日 (月)

2020年はマレーシア「観光年」 「日本人もっと来てほしい」SNSキャンペーン開始

印刷
糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   マレーシア政府は、2020年を「観光年」と位置付け、年間で3000万人の誘客を目標にしている。

   2019年10月24日から27日に大阪市・インテックス大阪で開催された「ツーリズムEXPOジャパン2019大阪・関西」では、観光年に向けてマレーシア政府観光局のブースを出展し、同国の文化や魅力をアピールした。

  • 「ツーリズムEXPOジャパン2019大阪・関西」にて
    「ツーリズムEXPOジャパン2019大阪・関西」にて
  • 大盛況のマレーシア政府観光局ブース
    大盛況のマレーシア政府観光局ブース
  • 「Weラブマレーシアキャンペーン」
    「Weラブマレーシアキャンペーン」

五つ星ホテルに泊まるマレーシア旅行が当たる

   ブースでは、マレーシアの民族演舞ショーや、民族楽器「サペ」の演奏、伝統工芸のバティック染め(筆などで溶かした蝋を布に塗り模様を描く、ろうけつ染めの布)の実演が行われた。イベント初日の24日には、マレーシア観光相のモハマディン・ビン・クタピ氏も出席し、

「マレーシアにとって日本は重要な市場です。積極的にプロモーションを行うことで、日本の方々にマレーシアの魅力を知っていただきたい」

などと話した。

   また同日、マレーシア政府観光局はSNSキャンペーン「Weラブマレーシアキャンペーン」も発表した。より多くの日本人にマレーシアを訪問してもらおうとの目的だ。

   このキャンペーンでは、マレーシアで人気の4つのエリアであるクアラルンプール、ペナン島、ランカウイ島、コタキナバルの五つ星ホテルに泊まるマレーシア旅行が、エリアごとにペア1組、合計4組8人に当たる。

   インスタグラム、ツイッター、フェイスブックから応募可能で、詳細はキャンペーンサイトに掲載されている。募集期間は今年12月24日まで。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!