2021年 9月 24日 (金)

「ドライアイ」最悪なら失明も 予防のための「角膜ケア」医師が伝授

建築予定地やご希望の地域の工務店へ一括無料資料請求

染色液で「角膜検査」受けてみると...

   勉強会の後は、参加記者を対象に吉野眼科クリニックによる「角膜検査」が行なわれた。

   検査は専用の染色液を目につけて、角膜やまぶたの裏にある「結膜」についた傷をチェックする。日頃からデスクワークが多いJ-CASTトレンド記者も不安な心境で検査を受けてみたが、診断結果は「異常なし」。撮影された目の画像には傷のない綺麗な角膜が写されていて、ホッと胸をなでおろした。

   一方、角膜に多数の傷がある「点状表層角膜症」を患っている人の検査画像を見てみると、染色液がハッキリと傷の一つ一つを写し出している。もし自分の目が傷だらけだと考えるとゾッとするが、吉野院長のアドバイスを思い返し、ドライアイにならないための予防に努めていこうと感じた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!