2020年 11月 28日 (土)

「人生100年時代」予防したいのは認知症 サントリー意識調査で見えた長寿化への本音

コロナで入院したら保険料はおりるの?FPに無料できいてみよう!

   サントリー食品インターナショナルは、2018年9月、健康寿命延伸への貢献を目指す「サントリー100年ライフプロジェクト」を開始した。その一環として19年8月、「人生100年時代」に向けた意識調査を実施。10月にその結果を公表した。

   現代では医療技術の発展などにより、世界で長寿化が進み、100歳まで元気に生きることを踏まえた人生設計が求められる。本調査では、そうしたなかでどんな健康に関するキーワードを気にしている人が多いのか、健康を保つために取り組んでいることは何か、また「人生100年時代」をどう思っているのかなど、実態を浮き彫りにしている。

  • 「人生100年時代」に向けた意識調査結果
    「人生100年時代」に向けた意識調査結果
  • 将来気をつけたい/予防したい症状(複数回答/上位20位)
    将来気をつけたい/予防したい症状(複数回答/上位20位)
  • 「人生100年時代」到来についての思い
    「人生100年時代」到来についての思い
  • 気になる健康に関するキーワード(自由回答/最大5つまで)
    気になる健康に関するキーワード(自由回答/最大5つまで)
  • 興味を持っている/行いたい健康のための行動、現在行っている健康行動
    興味を持っている/行いたい健康のための行動、現在行っている健康行動
  • 「人生100年時代」に向けた意識調査結果
  • 将来気をつけたい/予防したい症状(複数回答/上位20位)
  • 「人生100年時代」到来についての思い
  • 気になる健康に関するキーワード(自由回答/最大5つまで)
  • 興味を持っている/行いたい健康のための行動、現在行っている健康行動

50代女性の6割超「長生きしなくても大丈夫」

   まず、20~70代の男女2700人の中から「人生100年時代」について「内容を知っている」と答えた590人に、「将来気をつけたい/予防したい症状」を聞いた。1位は「認知症(48.2%)」で、「がん(45.4%)」を上回る結果になった。サントリー食品インターナショナルは「人生100年時代に向けて健康寿命が重視され、生涯にわたって自立して"よく生きる"ことに対し意識が向いていることがうかがえる」と分析している。

   「人生100年時代」を知っている2300人(「内容を知っている」「見聞きしたことがある程度」と答えた人)に、思いを聞いた。全体で見ると「幸せだと思う」人は55.3%と半数をやや超えているが、30代から60代の中間層は、「幸せだと思う」と「負担に思う」の割合が拮抗。50代女性に限れば「幸せだと思う」人は44.9%と他の年代に比べて少なく、「長生きしなくても大丈夫だと思う」人も64.1%と顕著に多い。このことから発表資料には、

「今を大切に生きたい、あるいは長生きを幸せだとは思わないという、未来を重視しない傾向がある」

とある。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!