2019年 12月 10日 (火)

エスカレーター乗ったらキャリーケースは前?後ろ? 羽田空港が推奨するのは

印刷
糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

大多数が「いつも前に乗せる」

   J-CASTトレンドは20~50代の男女50人を対象に、「キャリーケースをエスカレーターに乗せる時、自分から見てどこに置くか」を尋ねた。回答数と主な理由は以下の通りだ。

・いつも前に乗せる(31人)
「視界に常に入っていないと転落リスクがあって怖いから」
「後ろに置いていると知らないうちに迷惑をかけたり、盗まれたりするかもしれないから」
・いつも後ろに乗せる(7人)
「歩いている流れでそのまま乗せるから」
「乗る直前でいきなり前に持ってきたら危ないから」
・上りエスカレーターは前、下りエスカレーターでは後ろに乗せる(6人)
「もし転がってもまず自分にぶつかるから」
「いつも自分より高い位置に置いた方が、安定した体勢でキャリーケースを掴んでおけるから」
・いつも横に乗せる(3人)
「歩いている流れでそのまま乗せられるし、降りる時もスムーズだから」
「前や後ろに乗せる余裕がないから」
・その時の流れで決める(3人)
「とにかく周りに迷惑をかけずにエスカレーターに乗ることに必死だから」
「荷物が重ければ後ろに、軽ければ前に置くようにしているから」

   さまざまな事情や考えがあるようだが、どこに乗せるにしても安全上「常にキャリーケースから手を離さないこと」だけは最重要項目として意識しておく必要がありそうだ。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!