2019年 12月 10日 (火)

待ち合わせに毎回プチ遅刻する友人 「時間厳守」か「短時間ならOK」か

印刷
建築予定地やご希望の地域の工務店へ一括無料資料請求

「馬鹿にされていると感じる」から許せない

   J-CASTトレンドは20~50代の男女40人に「毎回5~10分遅刻してくる友人を許せるか、許せないか」を尋ねた。結果は「許せる(29人)」、「許せない(11人)」。理由を聞いたところ、「許せる」派はこんな考えを持っていた。

「自分にもそのような友人がおり、最初は許せなかったが、自分も相手に合わせて遅れていくようになってから気にならなくなった」
「自分もよく待ち合わせに遅れるので(笑) お互い様だと諦めているから」
「5~10分くらいなら辺りをブラついて暇をつぶせるので気にならない」

   一方の「許せない派」からは「待たされる時間が短くても、毎回約束を守ってくれないのは嫌だから。馬鹿にされていると感じる」、「毎回少しだけ遅刻してくるというのは明らかに『遅刻の常習犯』だと思う。そういう性質の人とは付き合えないと思うから」など、シビアな声が寄せられた。待ち合わせも約束の1つととらえ、それをしっかり守るかどうかで信頼関係を測っている様子が見受けられる。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!