2019年 12月 7日 (土)

銀座「伝説のママ」が中洲No.1キャバ嬢に大勝利 AbemaTV企画で売り上げ過去最高

印刷
富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   「売り上げ」をめぐる銀座のママと中洲のキャバ嬢の対決に、終止符が打たれた。

   東京・銀座で会員制高級クラブ「Nanae」を経営し「伝説のママ」と呼ばれる唐沢菜々江さんは、2019年10月24日からAbemaTV「買えるバトルクラブ」に出演。2週間にわたり、福岡・中州のNo.1キャバ嬢である彩花ゆいさんを相手に、本気で売りたい「勝負アイテム」をどちらが多く販売できるか競い合っていたが、11月7日の放送で見事勝利した。

  • 唐沢菜々江さん(写真左)は2万1308個を売り上げ、勝利を手にした
    唐沢菜々江さん(写真左)は2万1308個を売り上げ、勝利を手にした

「たくさんの思い出ができました」

   唐沢さんは、「カシータビーフカレー/イタリアンベジタブルカレー」(税込500円)や、「唐沢菜々江おすすめセットトリュフサラミ」(税込5907円)、「唐沢菜々江おすすめセットキャビア」(税込7257円)を「勝負アイテム」にセレクトしていた。2週間の熱いバトルの結果、唐沢さんの商品は2万1308個を売り上げた。

   この記録は、歴代1位だ。なぜこんなに売れたのか、唐沢さんは「銀座という街にプライドを持ち、『銀座対中洲』という意識のお客様が多かったんです」と明かした。銀座で働く仲間たちからも「負けないでよ」と励まされ、街を背負っての戦いという周囲の人たちの気持ちに気づいたそうだ。

   対戦相手の彩花さんも、1万1577個を売った。唐沢さんは「彩花ゆいちゃんのような素敵な女性と強いご縁ができたり、『買うから被災地に送って!』と言われてボランティアの方とも繋がったり、昔のお客様や学生時代の仲間が突然応援メッセージをくれたりと、2週間でたくさんの思い出ができました」と今回のバトルを振り返った。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!