2019年 12月 10日 (火)

ボクシング中に暗算 土屋賢二さんが考えた複合競技の「非道」ぶり

印刷
人気店や企業から非公開の招待状をもらおう!レポハピ会員登録

   週刊文春(11月21日号)の「ツチヤの口車」で、哲学者の土屋賢二さんがスポーツの「新競技」を夢想している。お茶の水女子大学名誉教授という立派な肩書を持ちながら、どこまで冗談か分からない、いや、ほとんど冗談の筆致で書き連ねる長寿コラム。当「遊牧民」の初回で使わせていただいたので、私には思い出深い連載でもある。

   今回は、東京五輪のマラソン競技が札幌に移された話から始まる。

「高温でなくても、マラソン自体、苛酷だ。わたしがこんな過酷な競技の日本代表に選ばれたら、重圧と苛酷さで途中棄権するだろう。五十メートル地点で。わたしを代表にしてはいけない理由がそこにある」

   相変わらずの土屋節だが、「かこく」の表記が定まらないのも遊びのうちか。

   先生、動物にマラソンをやらせたら愛護団体が黙っていないとしたうえで、「マラソンだけではない。相撲、柔道、ボクシング、レスリングなどの格闘技は、ふつうなら確実に暴行罪に問われる競技だ」とつなぐ。そして少しだけ「スポーツの本質」に触れる。

「絶対安全というわけではない。むしろ、危険をかえりみず、身体を張り、命をかける勇気と強さに人々は喝采を送るのだ」

   今作、初めての読者が真に受けてもいい部分はたぶんここだけである。

   土屋さんは、スポーツの名で許される「非道」を、芸人の熱湯風呂(いじめ→お笑い)や医療行為(傷害や脅迫→治療)に例えて脱線する。「患者を昏睡させ、切り刻み、身体の一部を強奪したり...『これ以上酒を飲むと死にますよ』と脅すなど、普通なら悪事を働いているとしか思えない行為が、治療だと言えば感謝されるのだ」。そこで新競技である。

  • 東京五輪のマラソン競技は札幌に
    東京五輪のマラソン競技は札幌に

心身のタフさを試す

「スポーツだと言えば、ほとんどのことが許されるのなら、もっと洗練された競技を考えてはどうだろうか。わたしは以前、新競技の提案をした(五十センチ競走とか...中略)。だが斬新すぎて、一顧だにされなかった」

   土屋さんが新たに考えたのは、心身のタフさを同時に競う以下の5種である。

1. 絡まった50mのイヤホンをほどく間、一定ペースで健康な歯を麻酔なしで削る
2. ボクシング中に暗算をし、休憩時間にわんこそばの大食いを競う
3. 5分以内に綱を渡り切らないと、(1)知られては困る秘密を妻にばらす(2)健康保険の負担分が一割増(3)恥ずかしい写真をネットで拡散...の三択を強いられる
4. 400m競争の直後に10分間、顔前のローソクの炎が少しでも揺らぐと失格になる
5. 哲学書(またはツチヤ本)を不眠で読み続けられる時間を競う。

   最後の自虐ネタを含め、ファンはあまりの馬鹿馬鹿しさに満足したに違いない。

冨永格(とみなが・ただし)
コラムニスト。1956年、静岡生まれ。朝日新聞で経済部デスク、ブリュッセル支局長、パリ支局長などを歴任、2007年から6年間「天声人語」を担当した。欧州駐在の特別編集委員を経て退職。朝日カルチャーセンター「文章教室」の監修講師を務める。趣味は料理と街歩き、スポーツカーの運転。6速MTのやんちゃロータス乗り。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!