2021年 9月 28日 (火)

海軍軍人の経験を音楽活動に生かす アルベール・ルーセル「バッカスとアリアーヌ」

全国の工務店を掲載し、最も多くの地域密着型工務店を紹介しています

パリ・オペラ座の支配人の依頼によるバレエ音楽

   印象派、と呼ばれる斬新な響きを作ったドビュッシーがすぐ上の世代で、一方ベルギーからフランスの地にやってきて「フランキスト」と呼ばれる熱心な弟子たちとともに「フランク一派」というどちらかというとドイツ的、構造的な音楽を評価する一派のヴァンサン=ダンディに師事しているルーセルは、そのどちらからも、「同時代的」影響を受けています。

   しかし、彼の作品をよく聴くと、幼い頃から「独立独歩」の気風が強かったルーセルの音楽は、本質的には誰の作品にも似ていないオリジナリティーに溢れ、同時に海軍時代に実際に目にした「遠い異文化」のエキゾチックな香りも感じられる、魅力的な作品が多くなっています。

   ギリシャ神話に題材をとった「バッカスとアリアーヌ」は、パリ・オペラ座の支配人の依頼で書かれたバレエ音楽です。残念ながらバレエの公演はあまり評判となりませんでしたが、曲を抜粋し純粋なオーケストラ作品とした、「バッカスとアリアーヌ第1組曲」、「同第2組」は、その後じわじわと人気が高まり、現在ではルーセルの代表作品と言われるようになったのです。近代的なハーモニー、華やかな金管のアンサンブル、対象的なフルートソロの官能的なメロディー等々、フランス近代音楽華やかなりし頃の特徴と伝統を備え、同時にどこか気品に溢れたその毅然とした響きは、音楽を忘れられなかった元海軍軍人ルーセルの特徴を最も表している曲と言って良いような気がします。

本田聖嗣

本田聖嗣プロフィール
私立麻布中学・高校卒業後、東京藝術大学器楽科ピアノ専攻を卒業。在学中にパリ国立高等音楽院ピアノ科に合格、ピアノ科・室内楽科の両方でピルミエ・ プリを受賞して卒業し、フランス高等音楽家資格を取得。仏・伊などの数々の国際ピアノコンクールにおいて幾多の賞を受賞し、フランス及び東京を中心にソロ・室内楽の両面で活動を開始する。オクタヴィアレコードより発売した2枚目CDは「レコード芸術」誌にて準特選盤を獲得。演奏活動以外でも、ドラマ・映画などの音楽の作曲・演奏を担当したり、NHK-FM「リサイタル・ノヴァ」や、インターネットクラシックラジオ「OTTAVA」のプレゼンターを務めるほか、テレビにも多数出演している。日本演奏連盟会員。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!