2019年 12月 10日 (火)

乗り過ごしたらトイレがヤバい? 相鉄線都心直通でココに気を付けて!

印刷
エーザイが開発したサプリ『美チョコラ』無料モニター募集!

   神奈川県内を走る相模鉄道(相鉄、本社:横浜市)は、2019年11月30日からJR埼京線(以下、埼京線)との相互直通運転を開始する。

   神奈川県中部のベッドタウンと渋谷駅や新宿駅、池袋駅といった東京都心のターミナル駅とのアクセスが容易になるが、乗車する際の注意点もある。

  • 相鉄直通線で気を付けたいこと
    相鉄直通線で気を付けたいこと

お台場、ビッグサイトに行くつもりが神奈川...

   まず気を付けたいのが「乗り間違い」だ。直通運転の列車は相鉄本線(以下、相鉄線)の海老名駅(海老名市)を起点に、途中の西谷駅(横浜市)から新設された連絡線とJRの貨物線、JR横須賀線を走行。やがて大崎駅(東京品川区)で埼京線に入り、渋谷駅や新宿駅へと乗り入れる。

   一方、乗り入れ先の埼京線では、すでに東京の臨海部に向かうりんかい線へ直通運転している。新宿駅や渋谷駅から、お台場や、「コミックマーケット」などのイベントが行われる東京ビッグサイトにアクセスできる。ここに新たに相鉄線への直通運転が加われば、利用者の乗り間違いが発生する恐れがある。

   例えば埼京線の駅からりんかい線の直通列車でお台場方面に行きたいとき。間違えて相鉄線方面の電車に乗ってしまうと、最悪の場合はお台場とは別方向である神奈川の駅まで連れていかれることになる。

   今回の直通運転では相鉄の車両と埼京線の車両がそれぞれ使われる。相鉄の車両は全身ブルーに塗装されているため、車体の色を見れば「神奈川方面に行く列車だ」と直感的に判断できるかもしれない。しかし、埼京線の緑色の帯の車両は、りんかい線にも相鉄線にも直通することになる。その場合、車体の色だけで判断するのは危険だ。行き先をよく見て、乗り間違いを防ぎたい。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!