2019年 12月 14日 (土)

「赤い星雲」も鮮やかに キヤノン天体撮影専用ミラーレスカメラ

印刷
建築予定地やご希望の地域の工務店へ一括無料資料請求

   キヤノンは、天体撮影専用のフルサイズ・ミラーレスカメラ「EOS Ra」を2019年12月5日に発売する。

  • 赤い星雲なども鮮やかに描写可能
    赤い星雲なども鮮やかに描写可能

ベースモデルから光学特性などを変更 天体写真の愛好家向け

   「EOS R」をベースに、天体写真を愛好するハイアマチュアユーザー向けに開発したという、レンズを含まない天体撮影専用モデル。

   有効画素数が最大約3030万画素のフルサイズCMOSセンサーの前面に配置するローパスフィルターの特性を「EOS R」から変更し、星雲などが放つ光の波長の1つ「Hα線」の透過率を、ベースモデルと比べ約4倍に高めるなど天体撮影に適する光学特性を備え、"赤い星雲"などを高精細かつ鮮やかに描写可能だという。

   小型軽量ボディーにタッチ対応の3.15型バリアングルTFT液晶モニターを搭載し、三脚に固定したままでもモニターで撮影設定の調整や映像の確認が可能。映像の拡大倍率をベースモデルの最大10倍から30倍に変更し、細かな星をモニター上で拡大表示でき、厳格なピント合わせが可能だ。

   なお同社では、本機で天体以外の一般撮影を行った場合、実際より赤みの強い画像になるほか、適切なカラーバランスが得られず部分的な色ムラが発生することがあるとしている。

   記憶媒体はSD/SDHC/SDXCメモリーカード。キヤノンRFレンズ群/EFレンズ群が使用可能。マウントアダプターを併用すればEF/EF-Sレンズも使えるという。IEEE802.11b/g/n準拠の無線LAN、Bluetooth 4.1をサポートする。

   価格はオープン。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!