2020年 6月 4日 (木)

リビングで4KやHDR映像を手軽に楽しめるプロジェクター

印刷

   JVCケンウッドは、4K/HDR(ハイ・ダイナミックレンジ)対応プロジェクター「LX-NZ3」を2019年12月中旬に発売する。

  • 4Kの高精細映像がリビングなどで楽しめるエントリーモデル
    4Kの高精細映像がリビングなどで楽しめるエントリーモデル
  • 4Kの高精細映像がリビングなどで楽しめるエントリーモデル

広可動域のレンズシフト、様々な設置環境に対応

   4K/HDR映像をリビングなどでも手軽に楽しめるというエントリーモデル。独自のレーザー光源技術「BLU-Escent」を採用し、緻密で滑らかな4K解像度(3840×2160ピクセル)映像表示を3000ルーメンの高輝度かつ約2万時間の長寿命で実現。

   Ultra HDブルーレイの「HDR10」規格、放送などで使用される「HLG」規格にも対応。作品ごとに大きく明るさの異なるHDRコンテンツを最適な明るさに自動調整する「オートトーンマッピング」機能を搭載する。

   上下60%、左右23%と可動域の広いレンズシフトに加え、100型で3~4.8メートルの投写距離を実現する1.6倍ズームを搭載。画質を低下させる台形補正を使用せず、様々な設置環境に柔軟に対応できるという。投写サイズは60~200型。

   0.47型DMD(Digital Micromirror Device)を内蔵し、横幅約40センチ、奥行き約34センチのコンパクトサイズを実現。リビングルームなどでの天吊りや棚置き設置などが可能だ。

   入力インターフェイスはHDMI×2(HDCP2.2、同1.4各1)、D-Sub 15ピン×1。カラーはブラック、ホワイトの2色。

   価格はオープン。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!