2020年 10月 23日 (金)

細野晴臣、50周年
好奇心のままに変わり続けて

カンタン約1分!あなたの健康に関するアンケートのお願い

   タケ×モリの「誰も知らないJ-POP」

   2019年、様々なアーティストが"周年"を迎える中で、誰よりも多彩な活動を展開したのが細野晴臣ではないだろうか。

   自身のツアーに始まり、73年に出たソロアルバムの一枚目「HOSONO HOUSE」の曲順を逆にしてリメイクしたアルバム「HOCHONO HOUSE」発売、台湾、ニューヨーク、ロサンゼルス、ロンドンと回った海外公演、彼を敬愛する若いミュージシャン、星野源、小山田圭吾が選んだ2枚のベストアルバムや彼が担当し海外の音楽賞を受賞した映画「万引き家族」のサウンドトラック完全版などの発売、六本木のど真ん中、六本木ヒルズ展望台での展示会「細野観光」開催、海外ツアーを軸に生い立ちから現在までを追ったドキュメンタリー映画「NO SMOKING」の上映など多岐に渡っていた。

   11月30日、12月1日、東京国際フォーラムで行われた「50周年記念特別公演」は、一年を締めくくる、彼ならではの趣向に富んだ二日間だった。

  • 1日目、ミュージシャンとしての技量を見せつける(撮影・関口佳代、以下同)
    1日目、ミュージシャンとしての技量を見せつける(撮影・関口佳代、以下同)
  • 2日目、「イエローマジックショー」の舞台
    2日目、「イエローマジックショー」の舞台
  • 2日目、映像で参加した坂本龍一(左)を交えたYMO再結成の演奏
    2日目、映像で参加した坂本龍一(左)を交えたYMO再結成の演奏
  • 2日目、江戸っ子姿の細野ウオーク
    2日目、江戸っ子姿の細野ウオーク
  • 1日目、ミュージシャンとしての技量を見せつける(撮影・関口佳代、以下同)
  • 2日目、「イエローマジックショー」の舞台
  • 2日目、映像で参加した坂本龍一(左)を交えたYMO再結成の演奏
  • 2日目、江戸っ子姿の細野ウオーク

新しい流れの象徴のような存在

   とは云うものの、音楽にさほどの関心がない人たちにはあまり馴染みはない名前なのかもしれない。シンガーソングライターとしてだけでなく、時にはプロデューサー、時にはミュージシャン、時にはヒット曲や映画音楽などの作曲家、あるいはレーベルプロデューサー。世間的な認知度と音楽的な実績や影響力には相当の違いがあると言って良い。いつも表舞台に立つのではないにしても、その時代の新しい流れの象徴のような存在としてあり続けてきた。

   彼がプロミュージシャンの一歩を踏み出したのは、69年にデビューしたバンド、エープリル・フールのベーシストとしてだ。小坂忠(V)、菊地英二(G)、柳田ヒロ(KEY)、松本隆(D)という5人組。アルバムを一枚残して解散、新たに大瀧詠一(V・G)、鈴木茂(G)、松本隆(D)という顔ぶれで組んだのが、"日本語のロックの元祖"、はっぴいえんど。海外のロックを英語でカバーするのが常識だった中で、ドラマーの松本隆に「日本語の歌詞を」と強く勧めたのが細野晴臣だった。つまり、彼がいなかったら「作詞家・松本隆」は生まれていなかったに違いない。

   今年、彼がリメイクしたソロのファーストアルバム「HOSONO HOUSE」は、港区の出身だった彼が、アメリカのヒッピーたちの共同生活のように埼玉の狭山の米軍ハウスに移り住み、機材を持ち込んでレコーディングした、自宅録音のはしりのアルバムだった。その後の75年の「TOROPICAL DANDY」、76年の「泰安洋行」は、欧米一辺倒だった日本のロックシーンにシルクロードや香港、中国、沖縄などの音楽を取り入れ"オリエンタル""トロピカル"という新しい波を出現させるきっかけになった。

   70年代から80年代にかけてポップミュージックはデジタルの波にさらされていた。世界共通のツールであるコンピューターを使ったダンスミュージックという新しい概念。坂本龍一(KEY)、高橋幸宏(D)と78年に結成したのがイエローマジック・オーケストラ。"イエロー"が、黄色人種を意味していることは説明の必要もなさそうだ。YMOは日本より海外での評価の方が先だった。映画「NO SMOKING」は、追加公演まで出た今年のニューヨーク公演を初め、海外での熱烈な歓迎ぶりを記録している。

タケ×モリ プロフィール

タケは田家秀樹(たけ・ひでき)。音楽評論家、ノンフィクション作家。「ステージを観てないアーティストの評論はしない」を原則とし、40年以上、J-POPシーンを取材し続けている。69年、タウン誌のはしり「新宿プレイマップ」(新都心新宿PR委員会)創刊に参画。「セイ!ヤング」(文化放送)などの音楽番組、若者番組の放送作家、若者雑誌編集長を経て現職。著書に「読むJ-POP・1945~2004」(朝日文庫)などアーティスト関連、音楽史など多数。「FM NACK5」「FM COCOLO」「TOKYO FM」などで音楽番組パーソナリテイ。放送作家としては「イムジン河2001」(NACK5)で民間放送連盟賞最優秀賞受賞、受賞作多数。ホームページは、http://takehideki.jimdo.com
モリは友人で同じくJ-POPに詳しい。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!