2020年 9月 26日 (土)

ボーナス?それ、なんですか? 冬の賞与「もらえないと思う」6割の悲しみ

賢いお金の使い方が学べる、無料の大人気資産運用セミナー!

   「ボーナス」。公務員や一般企業社員への「冬の賞与支給日」にあたる2019年12月10日、この語句がツイッターのトレンドワード1位に踊り出た。しかしキーワード検索の欄にボーナスと入力すると、サジェスト機能で「ない」の文字が出てくる。ボーナス支給を喜ぶ声は多いが、もらえないことを嘆く悲しみのツイートも決して少なくないようだ。

「世はボーナス日らしいけど私には関係ない」
「一生縁のないもののひとつ、ボーナス...」
「働き始めてからボーナスなんて貰ったことない」
  • 冬のボーナス約6割「もらえないと思う/もらえない」
    冬のボーナス約6割「もらえないと思う/もらえない」
  • 今年の冬のボーナスについて
    今年の冬のボーナスについて
  • ボーナスの使い道(年代別)
    ボーナスの使い道(年代別)
  • 冬のボーナス約6割「もらえないと思う/もらえない」
  • 今年の冬のボーナスについて
  • ボーナスの使い道(年代別)

もらえたとしても7割強が貯金に回す

   今年、冬のボーナスを受け取れる人はどの程度いるのか。JTB(東京都品川区)が12月9日に公表した「ボーナスと旅行」に関する調査結果が一つの指標となりそうだ。全国の20代~60代男女1000人に「今年の冬のボーナスについて」質問したところ、「もらえると思う/もらえる」は41.2%、「もらえないと思う/もらえない」は58.8%だった。「悲観的」な人の方が多いとわかる。

   もしボーナスをもらえたとしても、その使い道は「貯金」と回答した人が最も多く(73.7%)、次いで「買い物(45.6%)」、「旅行(38.7%)」。年代別にみると20代~30代は8割超が「貯金」すると答えており、若い世代の慎重な姿勢が読み取れる。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!