2020年 9月 28日 (月)

ハートフルな宿でみんな笑顔に 「行ってみようよ!親孝行温泉」

どうする老後2000万円問題!?保険で備える老後資金!

   昭文社は、施設(ハード)も心(ハート)もバリアフリーな宿を厳選して掲載したというテーマガイド「行ってみようよ!親孝行温泉」を、2019年11月29日に発売した。

  • 家族で行けるバリアフリーな22の温泉宿
    家族で行けるバリアフリーな22の温泉宿
  • 家族で行けるバリアフリーな22の温泉宿

著者の実体験から厳選

   著者は、エッセイストで跡見学園女子大学兼任講師(観光温泉学)の山崎まゆみ氏。過去に同社から発行した「バリアフリー温泉で家族旅行」「続・バリアフリー温泉で家族旅行」に続く、第3弾となる。

   「高齢で旅行に不安を抱えている親にも温泉を楽しんでほしい」という声と、高齢の両親と実際にバリアフリー温泉を利用してきた著者自身の経験から、「親孝行温泉」という造語を新たに定義。足腰が弱っている人も、同行する家族も、全員が安心して利用できる22の温泉宿を紹介する。

   宿ごとに「予約前のチェックポイント」リストを掲載。「バリアフリールーム」の室数と目安料金、食事処のサービスの範囲など、施設・入浴・食事におけるバリアフリー情報が詳細に記載されている。湯船の深さや段差などは「形状メモ」で図解。洗い場から湯船までの高さや、浴槽のフチから湯船の底までの高さなどが、一目で分かるようにまとめられている。また、実際に利用した著者の生の声も掲載。

   巻頭特集では、利用しやすいリーズナブルな宿として、休暇村やかんぽの宿も紹介する。

   価格は1500円(税別)。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!