2020年 10月 23日 (金)

「インフルエンザで学級閉鎖」防ぐ 全国の小中学校に広がる「除菌剤で拭き取り」

たった4問のアンケート回答で全員半額以下!アンケートはこちらから。

   近年、冬になると猛威を振るうインフルエンザ。厚生労働省健康局によると、例年11月下旬から流行し始め、1月下旬から2月上旬にピークを迎える。流行に伴って、毎年多くの学校では学級閉鎖や休校が起きている。2017年から18年のシーズンは、全国3万9343校で学級閉鎖が発生し、事態が深刻化した。

   富士フイルム(東京都港区)では、インフルエンザによる学級閉鎖を1クラスでも減らすことを目標に、学校内での環境消毒を習慣化する「いちにちひとふき除菌」活動を提唱。今日、全国の小・中学校33校が実施している。

  • 「いちにちひとふき除菌」
    「いちにちひとふき除菌」
  • 「Hydro Ag+」のアルコールクロス
    「Hydro Ag+」のアルコールクロス
  • 「いちにちひとふき除菌」
  • 「Hydro Ag+」のアルコールクロス

「いちにちひとふき除菌」実施全校で学級閉鎖ゼロ

   「いちにちひとふき除菌」は、アルコールと銀系の材料を組み合わせた除菌剤「Hydro Ag+」を使った「アルコールクロス」と「アルコールスプレー」を用いて消毒活動を行う取り組みだ。千駄ヶ谷インターナショナルクリニック院長の篠塚規氏によると、「Hydro Ag+」は銀イオンの成分によって、一般的なアルコール消毒に比べて除菌効果が長時間持続するという。

   消毒では、教室内の机回りや教卓、ドアの取っ手、階段の手すりなど、不特定多数の人が触れるところを、1日1回または1週間に1回以上拭き取る。

   18年11月1日から19年3月31日の期間で、神奈川県内の12の公立中学校が「いちにちひとふき除菌」活動を3~5か月間行った結果、12校全てでインフルエンザによる学級閉鎖が発生しなかった。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!