2020年 5月 29日 (金)

所ジョージ、ホリエモン、桃井かおり 「理想的な年齢の重ね方」している著名人 

印刷

   ライフプランに関する情報サイト「ライフプランナビ」は、20~30代の男女を対象に実施した「人生100年時代とキャリア」に関する意識調査の結果を2019年12月16日に発表した。

   「理想的な年齢の重ね方をしていると思う著名人」を聞くと、テレビで活躍するタレントや、話題の多い人物の名前が挙がった。

  • 「理想的な年齢の重ね方をしていると思う著名人」に挙げられた堀江貴文氏(2017年9月撮影)
    「理想的な年齢の重ね方をしていると思う著名人」に挙げられた堀江貴文氏(2017年9月撮影)
  • 「理想的な年齢の重ね方をしていると思う著名人」に挙げられた堀江貴文氏(2017年9月撮影)

「夫婦ラブラブ」木梨憲武さんも

   「理想的な年齢の重ね方をしていると思う著名人」の回答で目立ったのは、タレント・所ジョージさんの名前だった。

   「仕事も趣味も楽しくされていて、自分のアジトを作ったりしている姿はかっこいい」(30代女性)と、その生き方への憧れが多かった。一方で、「(所さんのような暮らしは)お金がある程度ないとできない」(20代男性)と現実的な見方をする意見もあった。

   お笑い芸人の明石家さんまさんも「楽しく笑って働けている」(30代男性)、「たばこも吸うのに健康的な雰囲気さえある」(30代男性)などの理由で支持が集まった。実業家の堀江貴文さんと答えた30代男性は、その理由を「若い時から大きな失敗や挫折もあったが、いまだに懲りずに好きなことをしている」とした。

   ほかにも、「奥様(女優の安田成美さん)のことを愛しながら人生を謳歌している」(20代女性)としてタレントの木梨憲武さんが、「独身時代を充実させていたからこそ、今の生き方があるのではないか」(30代女性)と2015年に結婚を発表するまで独身だった女優の桃井かおりさんが、それぞれ挙がった。

   調査は20~30代の男女119人を対象に、インターネット上で19年12月11日~12日に行った。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!