2021年 8月 6日 (金)

女性記者がカフェ&バーで斧ブン投げ 「やってはいけないこと」だけど気分爽快

全国の工務店を掲載し、最も多くの地域密着型工務店を紹介しています

安全やプライバシーに配慮して設計

   人生初の斧投げを終え、ふと「危ない」「怖い」と感じる場面がなかったことに気づいた。河東氏曰く「米国のAXE THROWINGでは『2つの的で1ブース』という単位がほとんどです。的の間に仕切りはなく、2人でそれぞれの的を狙って投げるスタイル」。だが「REEAST ROOM BASE」は、ブースには原則として体験者1人だけが入り、入口に金網扉が取り付けられているため、もし斧を振りかぶった時にうっかり手放してしまっても誰かに当たる心配はない。安全やプライバシーに配慮して設計しているそうだ。

   最後に河東氏は、こう述べた。

「社会秩序を守るうえで、やってはいけないことを規制するのはとても大切です。ただ、『あれをやるな、これをやるな』と言われるほど、『やってはいけないこと』への欲求も比例して高まってしまうのも事実だと思います。私たちはそれを、誰かに迷惑をかけることなく、安全に楽しく表現するお手伝いをしているつもりです」
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!