2021年 9月 28日 (火)

突如英国王となったジョージ6世 ウォルトンが捧げた「戴冠式行進曲 王冠」

新規入会で5,000円相当の楽天ポイントプレゼント!

初めは散々の評判、次第に評価高まる

   ウォルトンが作曲した「戴冠行進曲 王冠」は、初演当初の評判はあまり良くありませんでした。彼の本来のスタイルではない、と批判されたのです。確かに、曲の構成が、第一次世界大戦前の英国を代表する作曲家、エドワード・エルガーの代表作にして、「英国の第2の国歌」と言われる「行進曲 威風堂々 第1番」にそっくりで、それをそっくり真似したのだ、と攻撃されたのです。皮肉を込めてウォルトンの作品も「威風堂々 第6番」と呼ばれたりもしました。エルガーは「威風堂々」を第5番まで完成させて亡くなっていたからです。

   しかし、ウォルトンの、風格があり堂々として、それでいてどこかのびのびとしたこの曲は、次第に評価されるようになり、ジョージ6世の娘、現在の英国女王エリザベス2世が即位するときにも、その戴冠式のために新たに作曲した「行進曲 宝玉と勺杖」とともに、再び演奏されることとなったのです。その後も、たとえば、ウィリアム王子とキャサリン王妃の婚礼の時にも、演奏されました。ウォルトンの「行進曲 王冠」はこれからも英国王室の行事に密接に結びついて、人々に愛されて行くことになるでしょう。

   ところで、ジョージ6世は、インドが独立したため、インドの王位を失い、「現在の連合王国」の最初の王となった人です。2019年は、最後の最後に与党保守党が総選挙で大勝し、いよいよ2020年には3年半ももめたEU(欧州連合)離脱、通称「ブレグジット」が現実味を帯びてきましたが、これはひょっとして、北アイルランドやスコットランドが独立するきっかけ・・・「連合王国解体」の序章となった・・などと後世の歴史家に言われてしまう事態になる可能性がないとも言い切れなくなってきました。

   来年以降のことはわかりませんが、音楽も、歴史も、「事実は小説(音楽だけに小節?)より奇なり」という未来が待っているのかもしれません。

本田聖嗣

本田聖嗣プロフィール
私立麻布中学・高校卒業後、東京藝術大学器楽科ピアノ専攻を卒業。在学中にパリ国立高等音楽院ピアノ科に合格、ピアノ科・室内楽科の両方でフプルミエ・プリを受賞して卒業し、フランス高等音楽家資格を取得。仏・伊などの数々の国際ピアノコンクールにおいて幾多の賞を受賞し、フランス及び東京を中心にソロ・室内楽の両面で活動を開始する。オクタヴィアレコードより発売した2枚目のCDは「レコード芸術」誌にて準特選盤を獲得。演奏活動以外でも、ドラマ・映画などの音楽の作曲・演奏を担当したり、NHK-FM「リサイタル・ノヴァ」や、インターネットクラシックラジオ「OTTAVA」のプレゼンターを務めるほか、テレビにも多数出演している。日本演奏連盟会員。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!