2021年 9月 17日 (金)

■有馬記念「カス丸の競馬GI大予想」
アーモンドアイは勝てるか?

富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

ペースは速めで緩みがない?

   カスヨ 有馬記念の勝利の原則は、最後の直線が310メートルしかなく、しかもゴール前に2メートルの上り坂もあるから、直線入口では前めにいないと勝てないことね。となると、逃げ、先行馬を落とすわけにはいかないわね。今年は逃げ馬が多いわ。まずはキセキよ。昨年5着、今年の上半期のグランプリ・宝塚記念では2着。それとアエロリット。秋の天皇賞(GI、東京、2000メートル)では逃げに逃げて3着。最後はアーモンドアイにつかまってしまったけど、逃げ足は抜群。この2頭がレースを引っ張るのは確実ね。だからペースは速めで緩まないから、後ろから直線一気はムリね。この2頭なんだけど、外枠に入ってしまったのが残念ね。特にわたしの大好きなアエロリットは15番、最外から2番目。でも、有馬記念は自分の好きな馬に夢を託すレースだから、アエロリットは馬券から外さないわよ。あとはフィエールマンね。本来なら、この馬がアーモンドアイ打倒1番手となっていたはずね。凱旋門賞で最下位。まあ、調教をみると、元気そうなんだけど、精神的なところが心配ね。一緒に凱旋門賞に行って惨敗したブラストワンピースが未だに立ち直れないのが本当に心配ね。過去にも凱旋門賞で負けて、その後立ち直れない馬はたくさんいたわ。マカヒキ、サトノダイヤモンド......。もう日本馬は世界一なんだから、いつまでも凱旋門賞にこだわる必要がないとおもうんだけどね。ともかくフィエールマンにはここで復活してほしいわね。今年の春の天皇賞や去年の菊花賞を勝ったときのように、最後の鮮やかな末脚は天下一品なのだから、差し切ってほしいわね。

   ガジュマル爺 しつこいようだが、わしは3歳に期待じゃ。菊花賞3着のヴェロックス。クラシック3冠皆勤賞じゃ。すべて馬券になっておる。つまりヴェロックスの強みは、どんなレースになろうと必ず3着内にくる強さと器用さがある点じゃ。ここでも決してヒケはとらん。ダービーではサートゥルナーリアに先着し、神戸新聞杯ではワールドプレミアに先着しとる。底力はあるんじゃ。あとはステイゴールド産駒の2頭じゃ。有馬記念はオルフェーブル、ゴールドシップといったステイゴールドの仔たちが一番活躍しておる。エタリオウは去年の菊花賞2着。スティッフェリオは2走前のオールカマー(GII、中山、2200メートル)で勝っておる。カスヨが対抗に推しておるレイデオロに、有馬記念と同じ、この中山の舞台で先着しておるのは心強いわい。2頭とも運よく内側の2枠に入ったから、一発の可能性が十分なはずじゃ。

   カス丸 うーん、アーモンドアイを切るか切らないか。でも、よく考えれば致命的な心配はないじぇい。やっぱり本命◎はアーモンドアイきゃすう。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!