2020年 10月 22日 (木)

薄っぺら美人になるな 齋藤薫さんの助言は「地球を意識しよう」

健康への新アプローチ。大正製薬の乳酸菌入りごぼう茶が初回たったの980円。

教祖と信者の関係性

   女性誌に多くの連載を持つ齋藤さんの鉄板テーマといえるのは、見た目を超えた「ひとつ上の美しさ」である。美しい、あるいは美しくなろうとするのは当然で、みなさん(読者)は上のステージを目ざしましょう、という教えだ。今回は、人としての厚みを備え、内側からも美しくなるには地球のことを(たまには)考えようという話だった。

   男性、とりわけおじさん視点ではツッコミどころも多い。たとえば「すると次第に魂レベルが高くなっていく」といった表現がいくつかある。だが、筆者と熱心な読者の間ではたぶん通い合うものがある。齋藤さんクラスになれば、先生と生徒、教祖と信者のような関係性が成立しているからだ。もちろん肯定的な意味で、である。

   もっぱら外的な美を追い求める読者層の年ごろで、内面の美しさや地球環境への意識を求められるのは荷が重いかもしれない。齋藤さんも、自分の役割が見つかるのはずっと先かもと断っている。要は、そういうことを考えながら生きていこうということだ。

   大手美容誌でカリスマ筆者に説かれれば、考えるだけで美しくなった気にもなろう。それで人生が好転するのなら、美に縁のないおじさんも文句はない。自然災害の多発で地球環境が改めて注目された年を、前向きに締めるのに相応しい一文である。

冨永 格

冨永格(とみなが・ただし)
コラムニスト。1956年、静岡生まれ。朝日新聞で経済部デスク、ブリュッセル支局長、パリ支局長などを歴任、2007年から6年間「天声人語」を担当した。欧州駐在の特別編集委員を経て退職。朝日カルチャーセンター「文章教室」の監修講師を務める。趣味は料理と街歩き、スポーツカーの運転。6速MTのやんちゃロータス乗り。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!