2020年 11月 24日 (火)

北海道民まさかの「上級国民」説 「水曜どうでしょう」新作放送に「うらやまし~」

ゆとりある老後生活費は平均34.9万円!?今から始められる対策とは

   俳優の大泉洋さんが出演するローカル番組「水曜どうでしょう」の新作が、2019年12月25日から北海道テレビ放送(HTB)で放送を開始した。

   今作は2013年以来およそ6年ぶりの新作となる。番組初回をリアルタイムで見られなかった北海道外の「どうでしょう」ファンは、うらやむあまりに......。

  • 水曜どうでしょうに出演する大泉洋さん(2009年撮影)
    水曜どうでしょうに出演する大泉洋さん(2009年撮影)
  • 水曜どうでしょうに出演する大泉洋さん(2009年撮影)

サイトで有料視聴はできるけれど

   水曜どうでしょうは1996~2002年にかけてHTBでレギュラー放送されたバラエティー番組。若手時代の大泉さんや俳優・安田顕さんが出演していたことで知られ、現在も全国のローカル局でたびたび番組が再放送されるなど、高い人気を誇っている。

   新作の一部は、今年10月に札幌市で開催されたイベント「水曜どうでしょう祭2019」で先行公開されていたが、テレビではこの日が初放送。ツイッター上の北海道の視聴者からは「道民でよかったー!!」など放送開始を喜ぶ声があがった。

   今作はHTBのサイト「HTB北海道onデマンド」で有料視聴ができる上、20年1月からは道外各局でも放送を開始するなど、道外の視聴者であっても作品を見られる環境にある。

   それでも、ファンの中には「リアルタイム」で番組を見ることにこだわりを持つ人が多い。有料視聴は番組直後に可能になるが、たとえ5分でも遅れては、ファンにとっては「由々しき事態」なのかもしれない。テレビで放送されなかった北海道外のファンからは、

「『水曜どうでしょう最新作が普通に見られる』というだけで北海道民は上流階級」
「(番組が放送される)毎週水曜日だけ道民になりたい」

と北海道の視聴者をうらやむ声がツイッター上に相次いでいる。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!