2020年 1月 29日 (水)

■ホープフルS【カス丸の競馬GI大予想】
勝つのはコイントレイルか、ワーケアか?

印刷
エーザイが開発したサプリ『美チョコラ』無料モニター募集!
trend_20191227143738.jpg

   カス丸 はーい、ぼくカス丸きゃすう。有馬記念のアーモンドアイはショックだったじぇい。なんであんなに負けたの?スポーツ紙をみてもまったく理由がわからないじぇい。競馬記者は何してるきゃすう。カス丸はショックで1週間、寝込んでしまったじぇい。冬眠したいきゃすう...。

   ガジュマル爺 こらこらカス丸!有馬記念は終わったが、2019年のケイバは終わりじゃないぞ。わしは▲〇◎の3連複で有馬が当たって、なんだかもうほろ酔い気分、正月気分じゃが、もう一丁当ててやるわい。

   カスヨ えええい。なんてイヤな爺。なによ、たまたまアーモンドアイを買わなかっただけじゃない!今週は爺抜きで予想したいわね、ほんとに。まあ、爺は勝手に酔わせといて、今年を締めくくる最後のGIはホープフルステークス(2019年12月28日、中山競馬場、芝2000メートル)よ。

trend_20191227143816.jpg

昨年の優勝馬はサートゥルナーリア

   カス丸 そういえば、有馬記念の2着だったサートゥルナーリアは、昨年のこのレースの優勝馬だじぇい。やっぱり、2歳のときから強かったきゃすう。

   ガジュマル爺 そのとおりじゃ。まあ、有馬に比べれば予想は楽なもんじゃ。ポイントはサートゥルナーリアのように来年の3歳クラシックを勝てるような名馬を探すことに尽きる。そこで、わしの本命◎はワーケアじゃ。6月の東京でデビュー、2戦目も東京競馬場のアイビーステークスで、1800メートル戦を2連勝中じゃ。ハーツクライの仔は、有馬を勝ったリスグラシューもそうじゃが、晩成型が多いといわれておったんじゃが、この間の朝日フューチュリティステークス(GI、阪神、1600メートル)を勝ったサリオスがハーツクライの仔じゃ。調教技術が発展したせいか、2歳で完成度が高い馬も出て来ておる。ワーケアもそうじゃろ。それとクリストフ・ルメール騎手が乗り続けているのもいい。先週、アーモンドアイの鞍上で惨敗したんじゃから、「今度は」の気持ちじゃろうし。

   カス丸 カスヨ姉さんは?

   カスヨ 中山競馬場の芝2000メートルといえば、皐月賞(GI)と同じ舞台。つまり、ホープフルSで勝ち負けのレースができれば、一躍クラシックホースの最有力候補なの。スピードだけじゃ勝てなくて、スタミナも必要ね。で、わたしの本命◎は、ヴェルトライゼンデ。対抗○のコントレイルと迷ったんだけど、穴狙いのわたしとしては、やっぱりヴェルトライゼンデよ。

   カス丸 なにがいいきゃすう?

   カスヨ 新馬勝ちのあと、京都の萩ステークス(芝1800メートル)を連勝。これは昨年の優勝馬サートゥルナーリアと同じステップなの。今年の菊花賞馬で有馬記念3着のワールドプレミアの半弟で、血統もいいわ。父のドリームジャーニーは中山に強いステイゴールドの仔だから、このレースにぴったり。小回りコースもデビュー戦が小倉だから問題ないし、前で競馬ができるのもいい。中山コースは先行有利だから。コントレイルに土をつけるのは、この馬ね。

コントレイルのスゴさはここじゃ!

trend_20191227143919.jpg

   ガジュマル爺 カスヨも対抗にしとるが、コントレイルは無視できんじゃろ。わしも対抗○じゃよ。10頭立て以上のレースを走ったことがないのが不安といえば不安じゃが、前走の東京スポーツ杯2歳ステークス(GIII、東京、1800メートル)の勝ちっぷりといったら、とても2歳馬とは思えんかった。2着をぶっちぎっただけじゃない。その走破タイムの1分44秒5はレコード、つまり新記録じゃ。開催2日目の比較的速いタイムが出やすい毎日王冠(GII、1800メートル)とほぼ同じなんじゃから、もうあっけにとられたわい。現時点での馬の完成度は、この馬が一番かもしれん。有馬記念で勝ったリスグラシューを育てた矢作芳人調教師の管理馬だから、信頼できるというもんじゃ。

   カス丸 なんだか、ベタ誉めだね。でも、レコードで走った後は反動があるっていうじぇい。ほかには強い馬はいないきゃすう?

   カスヨ わたしの単穴▲は、オーソリティよ。前走の芙蓉ステークス(オープン)で同じ中山の芝2000メートルを走って1着。この経験が生きてくるわ。押さえ△は、まずブラックホール。夏の札幌2歳ステークス(GIII、札幌、1800メートル)を勝って、満を持しての参戦。若くてイキのいい石川裕紀人騎手が騎乗するから応援しちゃうわ。それと、1戦しかしてないけど、芝の2000メートルを経験しているガロアクリークには未知の期待があるわね。

   ガジュマル爺 おいおい、△ラインベックを忘れちゃならん。前走、コントレイルにちぎられた(東スポ杯2歳S 3着)ことで、すっかり人気を落としとるが、新馬戦-オープン(中京2歳ステークス)を連勝した力は再評価する必要があるじゃろ。大穴はラグビーボーイじゃな。終わってみれば、今年は「ONE TEAM」でみんな頑張ったなぁって振り返れる。2019年の締めくくりとしては、これほどふさわしい馬はおらんな。

   カス丸 有馬記念のお祭りの後は、年が明けて1年を占う金杯。競馬はこのリズムが一番だじぇい。だから、その間に挟まるホープフルSはいつも気が抜けるんだけど、若い馬が走るんだから応援するじぇい。本命◎はスタミナとパワー血統のオーソリティ。当てていい正月を迎えるきゃすう。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!