2020年 4月 7日 (火)

ラーメンユーチューバー厳選!今年流行の麺と味【2020年大予想(3)】

印刷
富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   動画サイト「ユーチューブ」でラーメンの食レポ動画「毎日ラーメン健康生活」を配信するSUSURUさん。2015年の開始から、今ではチャンネル登録者数76万人を誇る。最近ではテレビなどメディアへの露出も増え、知名度も上昇中の人気ユーチューバーだ。これまでに食べたラーメンの数は2000杯にも及ぶという。

   J-CASTトレンドはSUSURUさんに、ここ数年流行っているラーメン、2020年にヒットしそうなラーメン、今後の目標について取材した。(聞き手はJ-CASTトレンド編集部・宮崎くる澪)

  • ラーメンユーチューバー「SUSURU」さん
    ラーメンユーチューバー「SUSURU」さん
  • ラーメンど素人の記者にもわかりやすく説明してくれた
    ラーメンど素人の記者にもわかりやすく説明してくれた
  • 取材日のお昼もラーメンを食べてきたそうだ
    取材日のお昼もラーメンを食べてきたそうだ
  • スマホでラーメン屋の情報を調べるSUSURUさん
    スマホでラーメン屋の情報を調べるSUSURUさん
  • 着用しているのはオリジナルのラーメンTシャツ
    着用しているのはオリジナルのラーメンTシャツ

「掛け合わせラーメン」に注目せよ

――ここ数年流行していると感じるラーメンについて教えてください。

SUSURU 最近流行っているのが「淡麗ラーメン」というような比較的あっさりとしたラーメンですね。「煮干しラーメン」や、「ネオクラシック系」と言われる「鶏しょうゆラーメン」がそうです。ネオクラシックは、「昔ながらの中華そばなどに現代のエッセンスを加えたラーメン」、つまり鶏など動物系のスープとキレのあるしょうゆ味のラーメンが多いです。

――では、それを踏まえて2020年はどんなラーメンが流行しそうでしょうか。

SUSURU どんな分野でもゼロからイチを生み出すのが大変なように、ラーメンも新しいジャンルを作り出すのは難しい。だから、すでに存在するジャンルのラーメンを掛け合わせて、そこに独自のエッセンスを加えたパターンが来るのではないでしょうか。ポイントは、ただ掛け合わせるだけではなくて、何かオリジナルのエッセンスを入れることです。そこにそれぞれ店の個性が出てくるのではないかと思います。

――具体例を挙げていただけますか。

SUSURU 東京・三鷹に「スタミナ満点ラーメンすず鬼」が最近オープンしました。ここは、千葉のご当地ラーメンで昔から知られる「アリランラーメン」、「竹岡式ラーメン」と「二郎系ラーメン」の3つを組み合わせた「スタ満ソバ」というラーメンを出しています。
「アリランラーメン」はタマネギをベースに豚肉、ニンニク、ニラ、ネギを使用したピリ辛味で、「竹岡式ラーメン」は肉のうま味が溶け込んだしょうゆダレにお湯を加えた真っ黒なスープが目を引きます。そして「二郎系ラーメン」は「ラーメン二郎」のラーメンをインスパイアしたもので、極太の麺にモヤシなどの野菜山盛り、ニンニクや背脂のトッピングが特徴です。

――3つを組み合わせた「スタ満ソバ」の味はいかがでしたか。

SUSURU コクとキレが感じられるしょうゆと、タマネギなどを炒めアクセントを加えたパンチのあるスープに二郎系の平打ち太麺が合わさり、食べ応えのあるオリジナリティー溢れる新しいラーメンでした。ラーメン好きの人の間でも今、話題です。こういった掛け合わせラーメンを出す店が今後増えたら面白いな、と思います。

長年生き残っている店の秘訣とは

――そのほかに注目しているラーメンはありますか。

SUSURU 今まであまり使われなかった具材を使ったラーメンですね。たとえばシジミを使用したラーメンを提供する「宍道湖しじみ中華蕎麦琥珀」(東京都大田区)。ハマグリなどは今までにも使われていましたが、シジミは新しい。店名にもシジミが入っているほど前面に押し出している点に、覚悟とこだわりを感じます。メニューの「宍道湖しじみ中華蕎麦」はスープにシジミのだしを使用していて、琥珀色で見た目がとにかく美しかったです。

――都内には多数のラーメン店があり、競争が激しい印象です。長年生き残っている店には、どんな共通点があると思いますか。

SUSURU  「お客様第一」と考えられる店は強いと思います。食べに来てくれるお客さんがいなかったら、店は成り立ちません。昔からずっと残っている店は、ずっとお客さんが愛してくれているから。
味ももちろん大事です。「味が落ちてお客さんが減る」のも、例えば店側がラーメンに使う食材の原価を下げたりするのが原因という面があります。結局、お客さんのことを考えていないから客足が落ちるのです。

求む!「ラーメンインフルエンサー」

――SUSURUさんにとって、ラーメンの魅力とは何でしょうか。

SUSURU 個性が出る食べ物だなって思います。作る側も、「このラーメンが好き」という人の好みにも。それに、ラーメンを食べたことのない人はあまりいないと思うんですよ。「子どもの頃に食べたあのラーメンが忘れられない」という思い出話があったり、人との会話を作ってくれたりする珍しい食べ物だな、と。

――最後に、今後の目標について教えてください。

SUSURU たとえユーチューブ(の動画配信)がなくなっても、純粋に好きなので毎日ラーメンを食べることは続けていきたいと思っています。ユーチューバーとしては、動画を通じて特に若い人にラーメンの魅力を伝えたい。ラーメン業界を僕や店の人が盛り上げることによって、新しい「ラーメンインフルエンサー」が出てきてほしいです。(動画サービス「ティックトック(TikTok)」で)「ラーメンティックトッカー」とか出てきてもおかしくないですしね(笑)。もっと若い世代のラーメン好きの人が増えたら、よりラーメン業界を盛り上げられるのかなと思います。

SUSURU(すする)
ラーメンユーチューバー。青森県出身。2015年、ユーチューブにチャンネル「SUSURUTV.」を開設。関東圏を中心に全国各地のラーメンを紹介する「毎日ラーメン健康生活」を配信している。2019年9月29日放送の「おしゃれイズム」(日本テレビ)に出演するなど、最近ではメディアへの露出も増えている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!