2020年 1月 26日 (日)

お正月の「祝い箸」義理の実家では再利用 「義父が使ってたかもと思うと食欲失せる」

印刷
エーザイが開発したサプリ『美チョコラ』無料モニター募集!

   お正月のおせち料理を食べる時など、祝い事の席で使用する「祝い箸」。それにまつわる相談が2020年1月9日、女性向けウェブ掲示板「ガールズちゃんねる」に寄せられた。年末年始に義実家で過ごした投稿主は、正月の間中、義母が割り箸を洗って再利用することが耐えられないそうだ。

「祝箸で、寿と書いてある袋に入ってるやつです。見た目は華やかでも普通の割り箸と同じですよね...この箸、お義父さんが使ってたのかも...と考えると愕然とし食欲が失せます...主人と子供は、普通に使ってます。みなさん、どう思いますか?」
  • 「祝い箸を洗って再利用することが耐えられない」
    「祝い箸を洗って再利用することが耐えられない」

祝い箸は「洗って使うもの」との意見

   この問いかけに対し、まず「嫌だ」という意見が多く寄せられた。

「きたないからマイ箸か新しい割り箸持っていきたい...」
「うちもそうです。義実家のときは、心を無にして過ごします」
「ええええ気持ち悪い。他にもそういうとこたくさんありそうで家に行きたくなくなる」

   しかし、トピックを見ていくと「祝い箸とはそういうものだ」とする書き込みが相次いでいる。

「正月の祝い箸はそうして使うもんなんだよ。実家ではそれが嫌で、私はマジックで各々印を付けて個人特定出来るようにしてたけどね」
「お正月に使う祝い箸は三日間使うものだと思ってた」

「自分の祝い箸をきれいに洗って使い続ける」

   ケータリング・外食事業を手掛ける東京正直屋(東京都中央区)のウェブサイトにある「祝い箸の基礎知識」には、「伝統的な習わしでは元旦から松の内(1月7日や15日地域によって違う)まで同じ箸を自分で洗い、使い続けます」と説明がある。お食い初めセットの宅配通販サイト「お祝い膳.com」のウェブサイト内「お正月にあわせて祝い箸を使うときは」の項目にも、

「元旦から松の内(1月7日までの松飾りを飾る期間のこと)の間は自分の祝い箸をきれいに洗って使い続けるというのが正しい使い方」

との記述が見られた。「箸を洗って使う」こと自体は「祝い箸」の使い方として間違っていないようだ。ただ、2つのサイトには「自分の祝い箸」を使い続けるとある。投稿主が置かれた「複数の祝い箸が混ざり合い、誰が使ったものかわからない箸を洗って使う」状況は異なる。

   トピックには、

「祝い箸って、基本は三が日、本当は7日まで同じ箸を使うはず。洗って使うことが悪いことではないよ。我が家は箸先を洗って布で拭って袋に戻してる。使った本人のものは本人の袋に戻すけど。義母さん、ちょっとした配慮が足らないだけではないかな」
「うちは祝箸は各自の名前を書いて三が日使ってる」
「お正月のお箸って箸袋に名前書いてその袋に自分のを戻さない?来年は自分の、家族のだけ分かるように洗ってさっと箸袋に入れたら良いよ」

と、祝い箸の伝統と正しい使い方にのっとって気持ちよく過ごすためのアドバイスを寄せるユーザーがいた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!