2020年 1月 27日 (月)

ノザキのコンビーフ「クルクル缶」刷新の裏で... 見過ごせないもう1つの変化

印刷
スマモニの覆面調査のお仕事で高額謝礼を獲得!

   川商フーズ(本社:東京)のロングセラー商品「ノザキのコンビーフ」。「枕缶」と呼ばれる、付属の「巻き取り鍵」で回しながら開ける容器が特徴だが、2020年3月16日のリニューアルで「シール蓋」を使った新容器に変更される。

   長く親しまれてきた「枕缶」の消滅に、インターネット上で惜しむ声があがっているが、消費者にとっては他にも見過ごせない変更点がある。

  • ノザキのコンビーフ、グラム単価上昇の訳は
    ノザキのコンビーフ、グラム単価上昇の訳は

グラム単価は4.1円→4.9円、メーカーの説明は

   これまでの「ノザキのコンビーフ」は内容量100グラムで希望小売価格410円だったが、リニューアル後は内容量が80グラムに減少し、価格は395円に。価格だけ見ると15円の値下げだが、グラム単価は4.1円から約4.9円に上昇している。

   川商フーズは内容量を減らすことについて、20年1月15日のニュースリリースで「(内容量100グラムは)量が多すぎるという意見が多くありました。現在の家族構成や食事シーン等を考慮し、使い切りやすい80グラムへ変更いたします」

   とアナウンスしている。

   一方、川商フーズによる「ノザキのコンビ―フ」の公式ツイッターアカウントは同日に、

「原材料や加工賃・物流費が大幅に上昇している中で、このような価格設定となりました」

とグラム単価上昇の理由を説明した。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!