2021年 7月 29日 (木)

ブラームス唯一の「ピアノ五重奏曲」 「慎重な天才」ぶり味わえる傑作

糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

恩人クララ・シューマンからの助言

   話がそれました。ブラームスが自分の才能に自信があり、野心的ではあるが、大変慎重な作曲家であったことは間違いありません。有名な作曲家ではシューベルトかグラズノフぐらいしか書いていない「弦楽五重奏曲」(ヴァイオン2本+ヴィオラ+チェロ2本)という編成の曲を1862年にまず構想したのです。シューベルトの「弦楽五重奏曲」が、「ミニ交響曲」とでもいうべき大規模かつ素晴らしい曲だったので、それに触発されたのかもしれませんが、ブラームスのこの試みは頓挫します。試しに演奏してもらったところ、あまり評判が良くなかったのです。そのためこの作品を世に出す(出版する)ことをスッパリと諦めるのですが、編成を変えて、なんと2台のピアノ・ヴァージョンとして、世に問います。

   ブラームスはこの頃から、音楽の都ウィーンに居を移して、活躍の機会をうかがっていました。故郷ハンブルクで、就任を望んでいた指揮者のポストが得られなかったため、音楽家として一段上を目指すには、ウィーンは最適だったのでしょう。そして、ウィーンで知己となったカール・タウジヒというピアニストと2人でこの曲を初演したのでした。

   しかし、そこで、恩人でもあり親しい友人でもあるクララ・シューマンなどから、やはりこの曲はピアノと弦楽器の曲であるほうがふさわしい、とのアドヴァイスを受け、ブラームスはついにピアノ五重奏として、完成させるのです。

   この曲は、彼が生涯で唯一書き上げた「ピアノ五重奏曲」となりました。やはりピアノ三重奏や四重奏に比べて、特別な編成の曲だったわけです。

   第1楽章や、第3楽章はまだ30代の若いブラームスの、ある意味ダークなエネルギーが溢れる一方で・・・これは初期のブラームスに特徴的なカラーなのですが、彼の「若く燃えたぎる野心」が感じられます・・・、第2楽章は、彼ならではの叙情性に満ち、全体としてブラームスの「慎重な天才」ぶりを十分に味わうことのできる傑作となって現代に伝わっています。

   前述の2台ピアノ用ヴァージョンも出版されたので、ごくまれに演奏されますが、「ピアノ五重奏曲」の方は、この編成の代表曲として取り上げられることも多く、より親しまれています。

本田聖嗣

本田聖嗣プロフィール
私立麻布中学・高校卒業後、東京藝術大学器楽科ピアノ専攻を卒業。在学中にパリ国立高等音楽院ピアノ科に合格、ピアノ科・室内楽科の両方でフプルミエ・プリを受賞して卒業し、フランス高等音楽家資格を取得。仏・伊などの数々の国際ピアノコンクールにおいて幾多の賞を受賞し、フランス及び東京を中心にソロ・室内楽の両面で活動を開始する。オクタヴィアレコードより発売した2枚目のCDは「レコード芸術」誌にて準特選盤を獲得。演奏活動以外でも、ドラマ・映画などの音楽の作曲・演奏を担当したり、NHK-FM「リサイタル・ノヴァ」や、インターネットクラシックラジオ「OTTAVA」のプレゼンターを務めるほか、テレビにも多数出演している。日本演奏連盟会員。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!