2020年 9月 26日 (土)

「ほったらかし調理」が可能 低温調理器にプロ仕様モデル

家計を圧迫する固定費支出!保険の見直しで貯蓄率UPできるかも!?

   輸入販売などを手がける葉山社中(神奈川県葉山町)は、低温調理器「BONIQ Pro(ボニーク・プロ)」を、2020年1月21日に公式サイトおよび「Amazon.co.jp」などオンラインで先行発売した。家電量販店での一般発売は春以降順次の予定。

  • デザイン性もパワーも向上
    デザイン性もパワーも向上
  • デザイン性もパワーも向上

1200Wへパワーアップ スマホアプリからの操作にも対応

   一定の温度と時間管理により、真空状態の料理を湯せんして"ほったらかし"調理が可能。飲食店のニーズに対応したというプロ仕様モデル。初代モデルの800ワットから1200ワットへパワーアップし、設定温度への到達時間が40%短縮したほか、一度に約1.5倍の調理が可能だという。

   フルアルミのボディーへの改良により防水力を大幅に向上(IPX7)しながら、36%のサイズダウンを実現。デザインはアップル製品へのオマージュだといい、電源ケーブルには質感の高いラバー素材を使用したほか、電源プラグも金型を起こしてロゴを刻印するなど高級感を演出している。

   ボトムキャップにマグネットを備え、磁石が付く材質のものならホルダー不要で自立できる。クリップ式ホルダーを装着すれば鍋やコンテナなどにも簡単に取り付けができる。

   Wi-Fi接続に対応し、2月下旬にリリース予定のスマートフォンアプリを使用すれば外出先から温度設定の変更や調理操作が行えるという。最初の45分は80度、次の15分は90度などの「マルチステップ加熱」なども可能になる。

   設定時間は1分~99時間59分、温度範囲は5~95度。湯せん容量は5~20リットルの鍋。

   カラーはコスモブラック、ノーブルシルバーの2色。

   価格は2万9800円(税別)。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!