2020年 6月 2日 (火)

和太鼓、三味線とフリースタイルバスケが融合 スゴ技に目を奪われる「忍者集団」動画

印刷

   「フリースタイルバスケットボール」で何度も日本一に輝いたメンバーのみで結成された5人組チーム「NINJA SKILL BALLERZ」。2020年1月28日に同チームが、パフォーマンス動画「忍者式籠球部隊」をユーチューブに公開した。

   津軽三味線と和太鼓を取り入れ、「和」を表現したパフォーマンスを披露している。

  • パフォーマンス動画「忍者式籠球部隊」
    パフォーマンス動画「忍者式籠球部隊」
  • バスケットボールを使ったスゴ技披露
    バスケットボールを使ったスゴ技披露
  • 日本独自の「忍者」がチームのモチーフになっている
    日本独自の「忍者」がチームのモチーフになっている
  • 5人組チーム「NINJA SKILL BALLERZ」
    5人組チーム「NINJA SKILL BALLERZ」
  • パフォーマンス動画「忍者式籠球部隊」
  • バスケットボールを使ったスゴ技披露
  • 日本独自の「忍者」がチームのモチーフになっている
  • 5人組チーム「NINJA SKILL BALLERZ」

超高速ドリブルにボール回し、アクロバット

   同チームには、2009年にフリースタイルバスケットボールの国際大会で優勝した「ZiNEZ」さんをはじめ、数々の大会で優勝経験のあるプロたちが集まっている。公開された動画には、メンバーのZiNEZさん、ISSEIさん、TaMaさんの3人が出演している。

   パフォーマンスは、和太鼓の音とともにスタート。和太鼓と津軽三味線をバックに、忍者のような黒のマスクと衣装に身を包んだメンバーらがバスケットボールを変幻自在に操っている。超高速ドリブルや指の上でボールを回転させる「ボール回し」、アクロバットなど、約2分間の動画の中に高難度の技が次々繰り出されている。

   和太鼓の力強い音、津軽三味線の美しい音色、そして3人の息の合ったパフォーマンスは画面を通して見ても圧巻だ。

   「フリースタイルバスケットボール」は、バスケットボールと音楽やダンスを融合させた表現のこと。厳密なルールは存在せず、ボール1つで、どこでも楽しめることが魅力であり特徴だ。動画の冒頭に流れる英語のナレーションは、日本にはバスケットボールのコート数が少ないこともあり、世界の中でも群を抜いてフリースタイルバスケットボール文化が発展した、と説明する。

   NINJA SKILL BALLERZは競技人口、認知度ともにまだ十分ではないフリースタイルバスケットボールの魅力を、日本独自の「忍者」をモチーフにして世界に発信している。ユーチューブチャンネルで、複数のパフォーマンス動画が視聴可能だ。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!