2020年 7月 14日 (火)

サイバー攻撃から守るメッシュネット対応無線LANルーター

印刷
公式/大正製薬のブルーベリー - 初回限定69%オフで980円+税‎

   パソコンおよびスマートフォンなどの周辺機器を手がけるバッファロー(名古屋市)は、無線LANルーター「AirStation connect WRM-D2133HS」を2020年2月上旬から順次発売する。

  • 家中どこでもネットがつながりやすい 
    家中どこでもネットがつながりやすい 
  • 家中どこでもネットがつながりやすい 

スマホか、タブレット、IoT家電も保護

   据え置き型の「AirStation connect」専用中継機「WEM-1266」およびコンセント直挿し型「WEM-1266WP」を追加することで、広い家でも隅々まで快適にネットワークに接続できる「メッシュネットワーク」対応の11ac(4×4)デュアルバンドモデル。

   新たにセキュリティー機能「ネット脅威ブロッカーPremium」を追加搭載。1年間の無料ライセンスが付属し、無料期間の終了後は有料で更新が可能だ。

   サイバー攻撃の脅威から守る同機能は、情報通信研究機構(NICT)やデジオンのセキュリティー組み込みサービスを活用しているという。パソコンやスマートフォン、タブレット内のデータなどの個人情報の保護に加え、テレビやレコーダー、IoT(モノのインターネット)家電など、インターネット接続対応の機器を狙ったサイバー攻撃の侵入を検知し遮断する。

   iOS/Android対応のスマートフォン、タブレット向けアプリ「AirStation connect」では、主要な設定のほか親機と各中継機の稼働状況、接続端末の確認などが行える。

   無線LANはIEEE802.11a/b/g/n/acに準拠。WANポート×1、有線LANポート×3を備える。LANケーブル(2メートル)、ACアダプターが付属する。

   価格はオープン。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!