2020年 2月 28日 (金)

カンボジア国籍・猫ひろし 東京マラソン「厚底シューズ」で臨む深い事情

印刷
スマモニの覆面調査のお仕事で高額謝礼を獲得!

   お笑い芸人でリオデジャネイロ五輪男子マラソン・カンボジア代表の猫ひろしさんは、2020年2月3日に東京都内でおこなわれた健康食品メーカーの新商品発表会に出席した。

   20年3月1日の東京マラソンには、世界陸連が新ルールを発表し話題になった「厚底シューズ」で臨みたいと語ったが、その理由は「猫流」だった。

  • ギャグを披露する猫ひろしさん
    ギャグを披露する猫ひろしさん
  • 東京マラソンに向け抱負を語る猫さん
    東京マラソンに向け抱負を語る猫さん
  • 「TKDプロジェクト」よしきさん、理学博士の鵜澤正和さん、猫さん、コンディショニングトレーナーの尾藤朋美さん(左から)
    「TKDプロジェクト」よしきさん、理学博士の鵜澤正和さん、猫さん、コンディショニングトレーナーの尾藤朋美さん(左から)

「ギャグ100連発」は不発に

   赤いTシャツと青い短パンのお馴染みの「コスチューム」で登場した猫さん。まずは芸人・猫ひろしとして、「ギャグ100連発」と題し一発ギャグをなぜか3つだけ披露したが、会場は微妙な空気に包まれた。

   その後は陸上競技を専門とするユーチューバーユニット「TKDプロジェクト」のよしきさん、コンディショニングトレーナーの尾藤朋美さんと「走ること」をテーマにトークを実施。ランナー・猫ひろしとしてのエネルギーを維持する秘訣を尾藤さんから聞かれると、

「大きい目標の中に小さな目標を作って、(そこから)逆算して確実に超えていくというやり方をやっています」

と語った。小さな目標が叶わなかった場合は、その一つ一つを見直しつつも、大きい目標だけは変えないようにしているという。

   猫さんは東京マラソンに参加予定だ。MCに抱負を聞かれ「今の自己ベストが2時間27分52秒。できたら2時間26分台を出したい」と意欲を語った。

   また、

「今はやりの厚底シューズで臨もうかなと思っています。ただ僕の場合はスピードを追求するためではなく、背を高くするため」

と身長の低さを自虐し、笑いを誘った。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!