2020年 4月 6日 (月)

「英王室作曲家」となったヘンデル ジョージ2世の戴冠式に作られた「司祭ザドク」

印刷
糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

20歳の頃イタリアに旅立つ

   ヘンデルが生まれたのは、バッハと同じ1685年です 誕生日も1か月ほどしか違わず、生まれた街であるハレも、バッハの生誕地アイゼナハからわずか100キロほどしか離れていませんでした。若かりし頃、ドイツの大オルガニストにして作曲家、ブクステフーデの音楽に影響を受けているところも似ています。

   しかし、ドイツにとどまったバッハと違い、ヘンデルは20歳の頃、イタリアに旅立ちます。そこはルネッサンス以来の音楽先進国であり、オペラの母国でもありました。ヘンデルはイタリアで、ローマでは宗教的なオラトリオを学び、同地で作曲すると同時に、一般の人向けのどちらかというと娯楽である「オペラ」というスタイルにもフィレンツェやヴェネツィアで触れたりと幅広い勉強をし、同時に作品も残しました。時には現地の名高い作曲家と「チェンバロで対決」などというスペクタクルめいたことまでやっています。宗教的作品が圧倒的に多い、ドイツから出なかったバッハと、宗教的なものも娯楽的なものも、自由に筆を振るうヘンデル。この頃から差異が現れたといってもいいでしょう。

   3年半のイタリア滞在から帰国し、1710年、25歳のときに、北ドイツハノーファーの宮廷楽長になったヘンデルですが、その年から、より活躍の場を求めて、オランダ経由で英国の首都ロンドンに足を運ぶようになります。1710年とはロンドンのセント・ポール大聖堂の修復が終わった年で、同時に産業革命の直前・・・トマス・ニューコメンが蒸気機関を発明するのは1712年のことです・・・でもありました。音楽的には、英国・バロック最大の作曲家の一人、ヘンリー・パーセルが亡くなって10年以上たち、「お雇いイタリア人」が幅を効かせていたのですが、「英国の音楽」は、その社会の変革とともに、復活しようとしていました。オーストリアやフランスのように宮廷や貴族や教会だけが音楽を作るのではなく、一般の人々が裕福になって「音楽会に行く」という存在となり、音楽の新たなる市場を生み出しつつあったのです。そして、そこで求められた「英国音楽」の復活に大きく貢献したのが、外国からやってきて「英国人になった」ヘンデルという、誠にエネルギーに溢れた音楽家だった、といっても過言ではないのです。

   偶然ですが、ヘンデルがハノーファーで使えていた王家、ハノーファー朝は、英国王家の親戚筋で、英国王位を狙っていました。そのため、ヘンデルがいち早くロンドンで、時のアン王女に気に入られると、ハノーファーの宮廷もヘンデルに長期休暇を与え、ロンドンでの活躍を後押しします。ドイツに籍を置きながらも英国で、王家や民衆のために作曲して活躍するヘンデルの舞台は整ったのです。

本田聖嗣プロフィール

私立麻布中学・高校卒業後、東京藝術大学器楽科ピアノ専攻を卒業。在学中にパリ国立高等音楽院ピアノ科に合格、ピアノ科・室内楽科の両方でプルミエ・プリを受賞して卒業し、フランス高等音楽家資格を取得。仏・伊などの数々の国際ピアノコンクールにおいて幾多の賞を受賞し、フランス及び東京を中心にソロ・室内楽の両面で活動を開始する。オクタヴィアレコードより発売した2枚目のCDは「レコード芸術」誌にて準特選盤を獲得。演奏活動以外でも、ドラマ・映画などの音楽の作曲・演奏を担当したり、NHK-FM「リサイタル・ノヴァ」や、インターネットクラシックラジオ「OTTAVA」のプレゼンターを務めるほか、テレビにも多数出演している。日本演奏連盟会員。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!