2020年 4月 6日 (月)

睡眠薬に頼る高齢者 里見清一さんは「熟睡の心地よさ」を断てと

印刷
糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

落語のようなオチ

   終盤に出てくる〈時間選好〉とは、「将来に消費することよりも現在に消費することを好む程度」らしい。あさっての1000円より今すぐ500円、みたいな話だろう。よく効く睡眠薬を求める老人たちは、いずれ転倒して骨折するかもしれない「地獄」に目をつむっても、今夜の熟睡を欲するものだと。私も、その思いが分かる年代に入りつつある。若い頃の「あ~よく寝た」という感覚を久しぶりに味わいたい。転ばない睡眠薬がほしい。

   そこをどう説得するのかは、臨床医の思案のしどころであり、医学者としての関心事でもある。もしかしたら、その経験談をわずかの時間差で聞き逃したかもしれない。そう思うと眠れない(睡眠薬のお世話になっちゃおうか)...という落語のようなオチである。

   里見さんクラスの書き手なら、右手で医学のウンチクを傾けつつ、左手でエッセイとしての面白さを追求するといった芸当は、さほど難しいことではない。そこに「高齢者の睡眠薬依存」という目下の医事トピックをはめ込んだところが手練れの技である。

   日野原重明さん(1911- 2017)や鎌田實さんがすぐに浮かぶが、医療現場に携わってきた名エッセイストは多い。生死を含む個々の人生、喜怒哀楽にのべつ寄り添っていれば、観察力や表現力が自ずと磨かれるのだろう。

   では、観察力と表現力が欠かせない文筆家に医師の資質が自ずと備わるかといえば、残念ながら否だ。逆立ちして睡眠薬を飲んでも、目が冴えることはないように。

冨永 格

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!