2020年 2月 22日 (土)

都営大江戸線六本木駅がフォトギャラリーに 都営交通の「現場」を世界的写真家が撮った

印刷
人気店や企業から非公開の招待状をもらおう!レポハピ会員登録

   東京都交通局は2020年2月14日まで、都営大江戸線六本木駅構内で「すべての『今日』のために」と題した写真展を開催している。都営交通に対する理解や愛着を深めてもらうことを目指す「PROJECT TOEI」の一環だ

   展示されているのは、70 年以上の歴史を持ち、世界で活躍する写真家集団「マグナム・フォト」のフォトグラファーが撮影した都営交通の「現場」。都営交通の車内から路線、整備場、都営沿線の街並みを、プロ独自の視点で切り取っている。

  • 写真展「すべての『今日』のために」
    写真展「すべての『今日』のために」
  • 都営大江戸線六本木駅構内の様子(1)
    都営大江戸線六本木駅構内の様子(1)
  • 都営大江戸線六本木駅構内の様子(2)
    都営大江戸線六本木駅構内の様子(2)
  • 都営大江戸線六本木駅構内の様子(3)
    都営大江戸線六本木駅構内の様子(3)

東京は「小宇宙のよう」「秩序の中に色のカオス」

   撮影者はマーク・パワー氏、ゲオルギィ・ピンカソフ氏、ハリー・グリエール氏の3人で、掲出点数は全67 点。駅の中の通路やエスカレーター脇の壁面、コンコースなど至るところで作品を目にできる。東京都交通局は発表資料で「彼らの感想は三者三様ですが、共通しているのは東京で働く人々暮らす人々の真面目さ、そして不可思議さ、わからなさでした」と説明。そのうえで「世界的な写真家の視点を通じてどのように見えているのか、またそこから"東京"という場所の特異性と魅力を感じ、新たな気づきを感じてほしい」としている。

   都営交通の写真を撮影した際の3人のコメントは、以下の通り。

パワー氏
「この現場は小宇宙のようでした。そこに一つの世界が出来上がっている感じがしました」

ピンカソフ氏
「ここに暮らす人は競争のためではなくて、みんなが高い基準を設定して挑戦している気がします。どの分野においても。見ていて気持ちがいいですね」

グリエール氏
「東京に初めて来たとき、カルチャーショックだった。すべてが整っていて、クリーンで。 秩序の中に色のカオスと、不思議なものがたくさん上から吊り下がっている」
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!