2020年 12月 6日 (日)

気仙沼発「クリルオイルサプリ」 三陸のイサダ由来、DHAやEPAに加え新健康成分も

富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   気仙沼水産資源活用研究会(宮城県気仙沼市)は、三陸沖で採れる「イサダ」由来のサプリメント「気仙沼クリルオイル」を2020年1月6日に発売した。2月6日に製品発表会が東京都内で行われ、同研究会の会長やクリルオイルの研究者、気仙沼市長らが出席した。

  • 三陸沖でとれるイサダを使った「気仙沼クリルオイル」
    三陸沖でとれるイサダを使った「気仙沼クリルオイル」
  • 気仙沼水産資源活用研究会の佐藤俊輔会長
    気仙沼水産資源活用研究会の佐藤俊輔会長
  • 岩手生物工学研究センターの山田秀俊さん
    岩手生物工学研究センターの山田秀俊さん
  • 気仙沼市長の菅原茂氏
    気仙沼市長の菅原茂氏
  • 「気仙沼クリルオイル」は1日3~4粒が目安
    「気仙沼クリルオイル」は1日3~4粒が目安
  • (写真右から)菅原茂・気仙沼市長、気仙沼水産資源活用研究会・佐藤俊輔会長、岩手生物工学研究センター研究員の山田秀俊さん
    (写真右から)菅原茂・気仙沼市長、気仙沼水産資源活用研究会・佐藤俊輔会長、岩手生物工学研究センター研究員の山田秀俊さん
  • 三陸沖でとれるイサダを使った「気仙沼クリルオイル」
  • 気仙沼水産資源活用研究会の佐藤俊輔会長
  • 岩手生物工学研究センターの山田秀俊さん
  • 気仙沼市長の菅原茂氏
  • 「気仙沼クリルオイル」は1日3~4粒が目安
  • (写真右から)菅原茂・気仙沼市長、気仙沼水産資源活用研究会・佐藤俊輔会長、岩手生物工学研究センター研究員の山田秀俊さん

魚由来のものよりも吸収性が良い

   クリルオイルとはエビに似た甲殻類のオキアミから抽出した油。健康成分のDHA(ドコサヘキサエン酸)やEPA(エイコサペンタエン酸)が含まれ、海外では魚由来のものよりも吸収性が良いなど有効性が認知されサプリメントが流通している。「気仙沼クリルオイル」の原料は三陸沖でとれるオキアミ(イサダ)。気仙沼では、イサダ漁は2~5月に行われ、主に魚の撒きエサとして使われてきた。

   気仙沼水産資源活用研究会の佐藤俊輔会長は、「イサダの需要が低迷し、たくさん採れても商売にならない現状がある。イサダ漁の衰退をなんとかしたい思いがあり、研究を始めた。三陸沖のイサダには8-HEPE(ハチヒープ)という新しい健康成分が含まれることがわかった」と発表した。

   クリルオイルの研究者で岩手生物工学研究センターの山田秀俊研究員によると、三陸沖のイサダから見つかった健康成分「8-HEPE」はマウスの試験では脂質、コレステロール代謝への効果が期待され、健康的なダイエットに役立つ可能性があるという。「数万トンスケールのオキアミ漁場は世界で南極、カナダ、三陸の3か所だけ。中でもEPA、DHA、アスタキサンチン、8-HEPEを一度にとれるのは三陸産のクリルオイルだけです」と説明した。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!