2020年 9月 19日 (土)

業界初「クラウドAI」で高画質 「4K液晶レグザZ740Xシリーズ」

カンタン約1分!あなたの健康に関するアンケートのお願い

   東芝映像ソリューションは、4K液晶テレビ「4K液晶レグザZ740Xシリーズ」3モデルを2020年2月21日から順次発売する。

  • クラウド+AIが放送やネット動画も高画質に
    クラウド+AIが放送やネット動画も高画質に
  • クラウド+AIが放送やネット動画も高画質に

最大6チャンネル「タイムシフトマシン」にも対応

   いずれも、業界初だというクラウド連携による高画質処理を行う「クラウドAI(人工知能)高画質テクノロジー」を採用した、新たな映像処理エンジン「レグザエンジンCloud PRO」を搭載。番組やジャンルごとの映像解析情報をクラウドから取得し、視聴中のコンテンツに適切な処理を行い高精細かつリアルな画質を実現する。

   AI学習により地上デジタル放送でのテロップなどの文字まわりのノイズや動きのある映像で発生する"動きボケ"を低減する「地デジAIビューティPRO」、ネット動画の画質特性や圧縮方式などに合わせて高画質化する「ネット動画ビューティPRO」などの技術も実装。

   4K衛星放送が受信できる4Kチューナー×2基を搭載し、別売の外付けハードディスクに裏番組の録画が可能。そのほか地上/BS/110度CSデジタルチューナー×3基を内蔵し、2つの裏番組録画に対応する。

   音響面では、総合出力80ワット・マルチアンプ駆動の「レグザ重低音バズーカオーディオシステムPRO」による迫力のある重低音再生が可能。

   さらに、地上デジタル放送を最大6チャンネル録画し、放送済みの番組を過去番組表からすぐに楽しめる「タイムシフトマシン」、AI学習により膨大な録画番組やネット動画の中から見たい番組が素早く探せる「みるコレ」などの機能を搭載する。

   ラインアップは、65V型「65Z740X」、55V型「55Z740X」、50V型「50Z740X」(5月下旬発売)の3モデル。

   いずれも価格はオープン。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!