2020年 6月 2日 (火)

札幌駅前に開業「三井ガーデンホテル札幌ウエスト」 目玉は「クレープ」主役のレストラン

印刷

   三井不動産ホテルマネジメントが運営するホテル「三井ガーデンホテル札幌ウエスト」が2020年2月20日、JR札幌駅前に開業する。

   客室数は全169室。クレープをスイーツとしてだけでなく、「主食」としても楽しめるカフェレストランが目玉だ。

  • 札幌駅前の新ホテルは「クレープ」が目玉
    札幌駅前の新ホテルは「クレープ」が目玉
  • 三井ガーデンホテル札幌ウエスト
    三井ガーデンホテル札幌ウエスト
  • 1階入り口では廃材を使った熊のオブジェが出迎える
    1階入り口では廃材を使った熊のオブジェが出迎える
  • 2階のカフェレストラン「さんかく堂」
    2階のカフェレストラン「さんかく堂」
  • 昼のさんかく堂で提供するクレープメニュー(写真はキウイと発酵乳のクレープ)
    昼のさんかく堂で提供するクレープメニュー(写真はキウイと発酵乳のクレープ)
  • さんかく堂をプロデュースした橋本学さん
    さんかく堂をプロデュースした橋本学さん
  • 最も料金が高い客室「ジュニアスイートツイン」
    最も料金が高い客室「ジュニアスイートツイン」
  • 近くには東京オリンピックのマラソンコースもある
    近くには東京オリンピックのマラソンコースもある
  • 札幌駅前の新ホテルは「クレープ」が目玉
  • 三井ガーデンホテル札幌ウエスト
  • 1階入り口では廃材を使った熊のオブジェが出迎える
  • 2階のカフェレストラン「さんかく堂」
  • 昼のさんかく堂で提供するクレープメニュー(写真はキウイと発酵乳のクレープ)
  • さんかく堂をプロデュースした橋本学さん
  • 最も料金が高い客室「ジュニアスイートツイン」
  • 近くには東京オリンピックのマラソンコースもある

朝は「主食」、昼は「スイーツ」

   ホテルはJR札幌駅から歩いて4分ほどの場所に立地し、観光名所として知られる赤レンガの建物「北海道庁旧本庁舎」も近い。1階のロビーでは、吹きガラスをモチーフとした天井照明、廃材で作られた熊のオブジェなど北海道ゆかりのインテリアが出迎える。

   2階のカフェレストラン「さんかく堂」では、クレープを主役とするメニューが時間帯ごとに異なる形で登場する。

   朝6時半~10時の朝食のビュッフェでは、クレープを日替わりのソースや北海道産ベーコン、ウインナーなどのおかずと合わせることで「主食」として楽しめる。

   正午~20時は、大人をターゲットに「スイーツ」としてのクレープメニューを提供。バナナとラムレーズンを使ったそば粉のクレープ、イチゴとミョウガを合わせた竹炭入りのクレープなど、独創的なクレープ5種類が味わえる。

   さんかく堂のメニューをプロデュースしたのは、札幌市内や東京都内でパフェ専門店を展開する「GAKU」代表取締役・橋本学さん。さんかく堂を女子高生などが立食するような従来のクレープ店とは違うコンセプトにしたかったと言い、「大人でも『クレープを食べたい』という人はいる。(そうした人が)座って食べられる『大人向けのクレープ店』を作った」と語った。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!