2020年 8月 9日 (日)

ショパンが残した難曲をさらに難しく ゴドフスキー「ショパンのエチュードによる練習曲」

スマモニの覆面調査のお仕事で高額謝礼を獲得!

   先週取り上げたショパンの練習曲は、本来の目的の「練習曲」としても難易度が高く、現代でも学習者にとっては高い壁ですし、同時に芸術性に優れている曲たちでもあるので、プロのピアニストの演奏会用のレパートリーとしても、頻繁に取り上げられます。

   「練習曲」というジャンルを超えて、ピアノ演奏にとって無くてはならない名曲に仕立て上げたショパンの天才ぶりもすごいことですが、彼自身は、ピアノは上手だったものの病気がちで体力がいつもなかったため、「パワフルなピアニスト」では決してありませんでした。そのため、演奏会を開けば大入り満員で、ある程度まとまった収入をもたらしてくれるし、周囲も「ショパンの演奏が聞きたい!」といって盛んに開催を勧めてくるのですが、彼はいつも逃げ回り、特にソロの演奏を積極的にはしようとしませんでした。

  • ゴドフスキーの肖像
    ゴドフスキーの肖像
  • ゴドフスキーの肖像

わずか10歳で演奏会デビュー

   しかし19世紀は、ピアノという楽器が製鉄技術の発達などによりどんどんとパワフルさを増した時期であり、その「爆音が出るようになった」ピアノに合わせて、腕自慢のピアニストたちが続々と登場しました。

   21世紀の現在ですと、どんなに才能を持って生まれたとしても、一流のピアニストになるには、師のもとで長い修業を積み、音楽学校に通い、コンクールに出場して良い成績を収める・・・というようなことが必要です。こうした「流れ」がなかった黎明期には、ほぼ独学でピアニストになってしまう人たちも、多く現れました。

   1870年・・・ショパンがパリで亡くなったのは1849年ですから、21年後ということになります・・・に、現在リトアニアのカウナス郡となっている、当時の「ロシア帝国に占領されたポーランドの小さな村」に、レオポルド・ゴドフスキーは生まれました。幼い頃からピアノの才能を発揮した彼は、わずか10歳で演奏会デビューを飾り、14歳でベルリンに渡って音楽学校に入学するものの、すぐに辞めてしまい、その後は、「学びながら演奏活動をする」というスタイルで、広く欧米をさまよいます。米国に渡って演奏活動をした後、まだ存命だったピアニストにして作曲家のフランツ・リストに師事しようとドイツに戻ったものの、リストが死去してしまいます。フランスに渡って、これまた天才少年ピアニストとしてデビューして長命だった作曲家、サン=サーンスの知遇を得ますが、気に入られすぎてしまい、養子になってくれとまで提案されました。それを固辞したゴドフスキーは、再び渡米し、演奏会で幅広く活躍する傍ら、ニューヨークやフィラデルフィア、シカゴで重要な教授職に就き、さらにその後の20世紀を代表するピアニストや教育者を育てました。ちなみに、私もパリ時代の「恩師の恩師の恩師」が、彼になります。

本田聖嗣プロフィール
私立麻布中学・高校卒業後、東京藝術大学器楽科ピアノ専攻を卒業。在学中にパリ国立高等音楽院ピアノ科に合格、ピアノ科・室内楽科の両方でプルミエ・プリを受賞して卒業し、フランス高等音楽家資格を取得。仏・伊などの数々の国際ピアノコンクールにおいて幾多の賞を受賞し、フランス及び東京を中心にソロ・室内楽の両面で活動を開始する。オクタヴィアレコードより発売した2枚目のCDは「レコード芸術」誌にて準特選盤を獲得。演奏活動以外でも、ドラマ・映画などの音楽の作曲・演奏を担当したり、NHK-FM「リサイタル・ノヴァ」や、インターネットクラシックラジオ「OTTAVA」のプレゼンターを務めるほか、テレビにも多数出演している。日本演奏連盟会員。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中
カス丸

ジェイキャストのマスコットキャラクター

情報を活かす・問題を解き明かす・読者を動かすの3つの「かす」が由来。企業のPRやニュースの取材・編集を行っている。出張取材依頼、大歓迎!